16日、中国の女優ファン・ビンビンが浙江省杭州市で交通事故に遭った男児を病院へ搬送したことについて、「みんな見て見ぬふりだった」とその理由を語った。写真はファン・ビンビン。

写真拡大

2015年6月16日、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)が浙江省杭州市で交通事故に遭った男児を病院へ搬送したことについて、「みんな見て見ぬふりだった」とその理由を語った。網易が伝えた。

【その他の写真】

今月15日、ミニバイク同士の衝突事故により負傷した5歳の男児を目撃したファン・ビンビンが病院に搬送し、人気スターの愛ある行動として話題になっている。

事故が発生したのは、杭州市内の交通量が多い道路上で、男児は手伝いの女性が運転するバイクに乗り、幼稚園から帰宅する途中だった。この時にミニバイクと衝突し、男児は道路に投げ出されたという。

16日、インタビューに応じたファン・ビンビンによると、付近を車で通りかかった時に事故を目撃。男児は頭を打ったようで、顔が血まみれになっていたという。すぐさま車に乗せて病院へ搬送したことについて、「手伝いの女性は何もできず、そばに立ったまま。男の子の周囲に人が集まってきたが、誤解を受けるのを恐れるためか、誰も手を出そうとしなかった」と、その理由を語っている。

人気スターだけに、「やらせ」や「話題づくり」と後で批判を受ける可能性を考えなかったのかとの質問には、「人の命がかかっているのに、何も考える余裕はなかった」と語っている。病院で一部始終を見ていた人によると、ファン・ビンビンは診察費用を支払い、男児の無事を確認してから病院を離れたという。(翻訳・編集/Mathilda)