遺体収容袋に検視の注射器を置き忘れ 葬儀業者の男性に刺さる

ざっくり言うと

  • 遺体収容袋に検視の注射器を置き忘れ、葬儀業者がけがをした
  • 14年1月、岐阜県警捜査1課の30歳代の男性警部補が置き忘れたという
  • 県が16日、男性に慰謝料などを支払うことで合意したことを県議会に報告した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング