山里が18歳美女に告白も玉砕、思い寄せていた“洋服店の店員さん”。

写真拡大

お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太(38歳)が、6月16日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。かねてより想いを寄せていたという、洋服店の店員さんに告白し、玉砕した。

「山里亮太が今もっとも気になる美女SP」として放送されたこの日の番組。スタッフとの打ち合わせの段階で、山里が“気になる美女”を挙げていく中、ある一般女性の話が出ていた。

それは「品川駅の近くの洋服店の店員さん」。いわく「すげーかわいい店員さんだなと思って、電話番号とか聞こうかなとずっと悩んで、毎回、そこのお店オリジナルの肌着を買って、あー今日もダメだって(ことを繰り返していたら)、結果肌着30枚くらい買った」と、店員さん目当てでかなり通い詰めているそうだ。

そんな山里が想いを寄せる店員さんが、今回スタジオにサプライズで登場。番組MCのフットボールアワー・後藤輝基(40歳)は「かわいい!この世界におってもおかしくないよ」、SHELLY(31歳)も「おかしくない、全然」、チュートリアルの徳井義実(40歳)も「マジでかわいない?」と絶賛する18歳の美女だ。

彼女によると、お店で山里のことは「全然気付かなかったです」とのこと。それは山里がトレードマークのメガネを外し、マスクをして行くからのようだ。

また、山里のイメージは「アイドル好きで、ちょっと面白い」と好印象。そこで、後藤が促す形で“告白”する流れとなり、山里は「もし良かったらですね、あの…付き合っていただけないでしょうか」と交際を申し込んだ。

しかし結果は「ごめんなさい」。断った理由は「彼氏がいる」ためで、交際することは「絶対無理ですね」「(何があっても)無理ですね」と断言、「おいマネージャー!貯金通帳持ってこい!」と投げやりになる山里だった。