『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 玄田哲章

写真拡大

日本公開から30周年を迎え、12年ぶりに復活を果たす全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が7月10日(金)に全国ロードショーとなる。そしてこの度、これまで本シリーズの主演アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えを担当してきた人気声優・玄田哲章が、本作でもシュワルツェネッガーの吹き替えキャストに起用されることが決定した。

【関連記事】『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』ジャック・バウアー役・小山力也さんインタビュー!

玄田は『コナン・ザ・グレート』(82年)でシュワルツェネッガーの吹き替え版声優を初めて務め、1985年に『ターミネーター』でT-800ターミネーターを担当。以来、『ターミネーター2』(91年)、『ターミネーター3』(03年)など数々のシュワ作品の吹き替えを担当し、シュワと共に世界的人気キャラクター"ターミネーター"を30年演じ続け、今では、"玄田哲章=ターミネーター"のイメージがすっかり定着している。

今回のシリーズ復帰について玄田は、「本当に興奮しました。一緒に作品を作り、一緒に成長してきた同志だと思っています。30年も演じ続けてきた今では、すーっとT-800ターミネーターの中に入っていけるようになったほど」と今回の起用決定の喜びを語り、最新作については「皆さんを必ず満足させることが出来る仕上がりになっています。とにかく終始驚きの連続! そして想像もつかない結末が待っている。絶対に裏切らないので、是非、劇場へ足を運んで頂きたい」とシリーズのファンとしても熱烈に本作をPRをしている。

さらに、その他のキャラクターの吹替えキャストにも豪華声優陣が揃う。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー役は、大ヒットドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役で有名な小山力也が務める。小山はかつてテレビ東京版の『ターミネーター』で、マイケル・ビーン演じるカイル・リースの吹き替えを担当。そして今回はカイルの息子であるジョン・コナー役に選ばれ、"新たな起動"を果たすという不思議な縁も。また、ジョン・コナーの母であり人類最後の希望であるサラ・コナー役を藤村歩、そして未来の鍵を握る人類抵抗軍の戦士カイル・リース役を細谷佳正がそれぞれ務めることも決定している。

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月10日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ご本人登場! どきどきキャンプ岸と原口あきまさが小山力也を前にアフレコ挑戦映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の日本公開日が7月10日(金)に!アーノルド・シュワルツェネッガー&エミリア・クラーク『ターミネーター:新起動/ジェニシス』で来日決定!