「打たせて取る」黒田博樹の投球術も参考? データが語る、田中将大の新スタイル【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

写真拡大 (全3枚)

復帰3戦目で黒星もQS達成


 現地時間15日(日本時間16日)、田中将大はフロリダ・マーリンズとのインターリーグに登板。
 イチローはじめ初対戦の打者に対して、7回94球を投げて9被安打、6奪三振、無四球、自責点2という内容だった。
 イチローとの対戦は左前打、二塁内野安打、見逃し三振、遊ゴロで4打数2安打だった。

 味方の援護がなかったために2敗目がついたとはいえ、現地時間6月3日に復帰してからの田中は安定感のある投球を続けている。
 田中は今、どんな投球をしているのか。データに基づいて見てみよう。

 MLBに移籍してからの月間成績だ。
 QSは6回以上投げて自責点3以下、先発投手の合格ラインとされる指標。SO/BBは三振を四球で割った比率。先発投手は2.5を超えれば合格点。WHIPは1回あたりの走者(安打、四死球)。1.2以下ならば優秀。



 2014年、MLBデビューから最初のDL(故障者リスト)入りまでの田中は、6月まで16試合連続でQSをマークし、圧倒的な好成績で話題となった。しかし、7月に入ると急激に成績が下落し7月9日に右ひじの違和感を訴えてDL入り。以後8月を全休し、9月21日に復帰しているが、数字を見ればわかるように被安打も多く、復活とは言えない状態だった。

 2015年は、開幕投手も務めてローテーションの一角を担うものの、前年とは大きく異なり球速は上がらず、制球も悪く4月は4度先発してQSは1度だけだった。そして、4月28日に右手首のけん炎と右前腕部の張りで2度目のDL入り。リハビリ中は、トミー・ジョン手術の必要性を説くメディアも現れた。田中が本当に復帰できるか懸念されたが、6月3日に復帰すると見違えるような投球を見せた。

 復帰後、今日まで3回の登板はすべて7回以上投げて、自責点2以下で安定感のある投球をしている。特筆すべきは3試合で1つも四球を出していないことだ。6月は21奪三振、与四球0、SO/BBは計測不能だが、制球力が飛躍的に向上したことがわかる。

「打たせて取るピッチング」を身につけた田中


 田中の変化をより詳細なデータで見てみる。
 同じく月次の成績。平均投球回数は投球数を先発数で割った数値。投球数とその詳細な内訳、そして9回あたりの四球、三振数であるBB9、SO9。さらにゴロアウト数をエアアウト(フライとライナーによるアウト)数で割ったGO/AOの数値を出した。



 平均投球回数が大幅に増えた。先発投手として7回を投げることができれば文句はない。
 注目すべきは1回あたりの投球数だ。2014年の好調時の田中は、1回当り14.5球前後で投げていた。悪い数字ではないが、三振を奪うためにそれなりに球数をかけて打者を料理していたのだ。しかしDL入り後は、この数字が悪化し、安打を打たれたり、四球を出したりして球数がかさんだ。一方、今年の6月は12.33と急激に改善。少ない球数でアウトカウントを稼いでいることがわかる。
 田中自身、肘に故障を抱えているから多くの球数を投げることができない、という自覚があるのだろう。ストライク先行で早めに打ち取ることを意識している。
 6月のストライク%は7割弱。これは先発投手としてはトップクラスの数字だ。空振%は、球のキレをあらわすとされるが、この数字も改善している。

 決定的に違うのは、GO/AOの数値だ。
 2014年、故障前の田中は速球を主体とするパワーピッチャーだった。フライアウトが多く、GO/AOは、1.5を割っていた。ゴロを打たせて取る投手ではなかったのだ。
 2015年6月に復帰してからの田中は、GO/AOが2.0。ゴロアウトのほうがフライ、ライナーのアウトの2倍もある。今日の試合などはゴロアウトが10、エアアウトが3だった。
 復帰後の田中が、安定感のある投球ができているのは、三振にこだわらず「球数少なく」「打たせて取る」ことに徹しているからだ。

 投球内容を見ていると今の田中の投球は、元ヤンキースの先輩投手によく似ていることがわかる。
 黒田博樹だ。黒田はシュート回転して沈むツーシーム(MLB公式サイトではシンカー)と、スプリットでゴロの山を築いたが、6月に復帰後の田中もツーシームを主体に投げ、スプリットを決め球にしてゴロアウトを稼いでいる。

 昨年、田中は黒田とシーズンを共にして、その投球術を学んだに違いない。2度のリハビリを経て、それを自分のモノにしたのだろう。
 田中がすごいのは、黒田のような投球術をしながらも、いざと言うときには三振が奪えることだ。今日のイチローとの対戦の3打席目、イチローを見逃し三振に取った152km/hの速球は圧巻だった。ギアチェンジした田中のすごさを物語っている。

 今日は94球を投げたが、今後も球数制限をしながらの登板になりそうだ。それでも田中は限られた条件の中で、自らの投球術を磨き上げていくはずだ。

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→