持っている服が全部嫌い!! となったときにやるべき7つのこと

写真拡大

お買いもの中毒の方が陥りがちな気分がこちらの「持っている服が全部嫌い!」。他人から見ればあらゆる服を持ちすぎていると言わんばかりなのにこの感情が湧いてしまう……。というあなたは、持っている服が悪いわけでもなく、あなたの服のセンスが悪いわけでもなく、服を選んで着るといういつものルーティンに飽きているだけなのです。今回はそんな気分になってしまったあなたがやるべき“7つのコト”をご紹介していきたいと思います。

黒い服をすべてクローゼットからなくす

黒って何にでも合わせやすいし、安っぽさがあまり見えない色なのでとりあえず毎日黒を着てしまう習慣がある人も多いでしょう。ですが黒にばかり頼っていると、色を組み合わせて服を選ぶという感覚が鈍ってしまうため、いつも同じような色、デザインのものばかり買ってしまうのです。ということで、黒い服をクローゼットから引っ張り出し1週間黒い服なしですごしてみてください。

目をつぶって服を選ぶ

ワンピースなら1回ですむところですが、トップスとパンツを選ばなければいけない場合は2回目をつぶってランダムに選んでみましょう。今まで合わせたコトのない組み合わせが当たるときもあるでしょう。それでも目をつぶって選んだアイテムは必ず身に着けること! その組み合わせが似合うようにアクセサリーやバッグを使って着こなしてみてください。オシャレのセンスを磨く訓練にぴったり! 新たな発見があるはずです。

1週間同じ服を着続けてみる

自分の中で勝手に「制服」を決めて、1週間同じものを着続けてみましょう。そうすると1週間経ったときに、服を毎朝選ばなければならないという苦労から解放されたと感じるか、今まで飽きたと思っていたほかの服が魅力的に見えるようになります。

オシャレな友達に服のコーディネートをお願いする

仲良しでオシャレな友達を家に招待して、クローゼットの中から1週間のコーディネートを考えてもらいましょう。自分が選んだことのない組み合わせをコーディネートしてくれることもあるはずなので、自分の持ちモノだけれど新鮮さを感じるはず。

友達と服を1週間分交換してみる

体型が似ている友達と持っている服を1週間分交換してみましょう。決して新しい洋服ではないけど、あなたにとっては新品のような気分になれるはず。今まで試したことのなかった服のテイストを着てみるというのも新鮮でいいですよ! 1週間やってみてお互いに楽しいと感じたら1か月に伸ばしてみて、いろいろと服を交換してみましょう。この方法は、参加人数が多い方がいろんな服を楽しめるかもしれませんね。