4人そろって授賞式に出席した「GLAY」

写真拡大

 人気ロックバンド「GLAY」のミュージックビデオ「疾走れ!ミライ」が、米アカデミー賞公認の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2015」(SSFF&ASIA)の「ミュージックShort部門」シネマチックアワードで特別賞を受賞し6月15日、同バンドのTERU、TAKURO、HISASHI、JIROが東京・渋谷ヒカリエで開催された授賞式に出席した。

 同アワードは、レコード会社が制作するアーティストのミュージックビデオの中で最もシネマ的な作品に贈られる賞で、ミュージックビデオを中心に映像作品を手掛けるARATA監督がメガホンをとった。

 メンバーは今作には出演していないものの、ARATA監督が「『GLAY』のみなさんのサクセスストーリーを基に作らせて頂いた」と言うように、バンド結成当時の少年時代のGLAYを思わせる演出がなされている。メンバーも制作に協力したといい、TERUは「僕の実家を使わせてほしいと言われ驚いた。完成品を見ると実際に僕がTAKUROとリハーサルをやったりしていた部屋が使われていたので、高校時代を思い出しました」と、バンドの長い歴史に思いを馳せていた。