映画チャンネル「FOXムービープレミアム(以下FOXMP)」が、未来の映画監督、映像作家、クリエイターを発掘、応援する企画「FOXMP短編映画祭2015」を実施する。第3回となる今回も、前回続き、オフィシャルメディアパートナーとしてケーブルテレビ「J:COM」を迎える。

 同映画祭では1〜30分の短編映像を募集し、最優秀賞1人に映画制作支援金として100万円を贈呈する。最優秀賞、優秀賞作品は、特典としてFOXMPおよびJ:COMテレビなどで放送される。この特典は、日本人クリエイターに作品披露の場を提供し、映像の魅力を多くの人に広め、世界で通用する人材を発掘するという開催目的の元に付けられる。

 審査員は、作家・脚本家の福井晴敏(「亡国のイージス」)、本広克行監督(「幕が上がる」)、土合朋宏20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン社長。応募期間は8月31日必着。(文化通信)