ホンダの苦戦は販売目標の倍増計画の弊害か 現場にもかなりの負担

ざっくり言うと

  • 苦戦中のホンダはかつての勢いを取り戻すことができるのかを分析している
  • 販売台数を600万台以上にするとの拡大戦略により弊害が生じていると筆者
  • 急激な販売増に向けて開発や生産の現場に負担がかかっているとサプライヤー

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング