「コメディ栄誉賞」を受賞するビートたけし

写真拡大

 お笑い芸人・映画監督・俳優など多方面で活躍するビートたけしが、第8回したまちコメディ映画祭in台東で「コメディ栄誉賞」を受賞することがわかった。同賞は、多年に渡り笑いを通して人々に元気を与えたコメディアンらに贈呈されるもので、受賞に合わせ、フランス座の名前でも有名な東京・浅草の演芸場東洋館で、監督・出演作「菊次郎の夏」(1999)の凱旋リスペクト上映と、たけしによる舞台挨拶が行われることが決定した。

 “故郷”浅草の映画祭受賞を受け、たけしは「このたびは、お笑い芸人・ビートたけしと映画監督・北野武のキャリアの両方に対してご評価頂いたという事だと受けとめていますが、自分のコメディアンとしての、また芸能活動の出発点である浅草での受賞ということで、いただけるものは何でもいただく私ではありますが、とりわけ大きな喜びがあります。この映画祭での受賞を励みとしてより一層精進して参りたいと思います」と喜びのコメントを寄せている。

 9月18日に開催するしたまちコメディ映画祭in台東、通称「したコメ」は、文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典で、いとうせいこうが総合プロデューサーを務める。コメディ栄誉賞は、これまでに小沢昭一(第1回)、コント55号(第2回)、故谷啓さん(第3回)、伊東四朗(第4回)堺正章(第6回)、西田敏行(第7回)が受賞している。

 第8回したまちコメディ映画祭in台東は、9月18〜22日に開催。