役所広司にイジられ大慌ての大泉洋 - 左から役所、宮崎あおい、大泉

写真拡大

 アニメーション映画『バケモノの子』の舞台あいさつが15日、東京国際フォーラムで行われ、声優を務めた役所広司、大泉洋、リリー・フランキーらが出席した。毎回ひょうひょうとした受け答えで笑いを誘う大泉が、役所から「台本読まずに現場に入って」とイジられて大慌てになるなど、大爆笑の掛け合いを繰り広げた。

 同作は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』などの細田守監督が約3年ぶりに手掛けたアニメーション映画。人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に、孤独な少年・九太とバケモノ・熊徹の交流を描く。

 この日も大泉のトークは絶好調で、猿顔のバケモノを大泉が演じることになった経緯について、細田監督が「顔が似ているからお願いした、というのもあります(笑)」とインタビューで語っていたことに触れて、「人柄で選ばれたのかなと思っていたけど」とぼやき節。「わたしもぼやき体質なものですから、ぼやきながらも熱いものを持っていると自分で思っているんですよ」とキャラクターとの共通点を語った。

 そんな共通点のあるキャラクターだけに、自然に役に入れたのかとMCから聞かれた大泉は「監督と(役づくりに)時間をかけて。脇汗ダラダラ出たのを覚えています。緊張しました。何も考えずにやっているわけじゃないんですよ」と真面目さをアピール。すると、役所が「台本読まずに現場に入って」と真顔でイジり、納得する客席の雰囲気に大泉は「読んでいますよ! あなたが言うとこうなるんですから」と大慌て。さらに役所が「軽〜くやっているんですよ」とニヤニヤしながら続けると、大泉は「軽くやっているのはリリーさんですよ」と受け流し、リリーが「僕は元気がないだけ」と応じるなど、息の合ったやり取りで会場の笑いを誘った。

 舞台あいさつにはこのほか、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、津川雅彦、細田監督も出席した。(中村好伸)

映画『バケモノの子』は7月11日より全国公開