『バケモノの子』のアフレコに緊張したという広瀬すず

写真拡大

『おおかみこどもの雨と雪』(12)の細田守監督作『バケモノの子』(7月11日公開)の完成披露試写会が、6月15日に東京国際フォーラムで開催。声優を務めた役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、リリー・フランキー、大泉洋、津川雅彦、細田守監督が舞台挨拶に登壇した。

【写真を見る】広瀬すずの全身ショットはこちら

役所は「僕も孫ができたら、孫に自慢できるような作品に参加できたことを誇りに思います」と誇らしげに語った。役所は、先日、宮崎と共に、本作を手掛けたスタジオ地図を訪れたそうで「本当にすごい!膨大な時間をかけていて、みなさんの努力の結晶です」と感動しきりだった。

役所はアフレコについて「僕は必死でした」と苦労を吐露したあと、「若い人たちが本当に上手でした。アニメで育った世代って全然違うんですね」と感心する。宮崎は「私は前日から緊張しすぎてあまり眠れなかったです。でも、1時間くらいやっていると、ちょっとずつ楽しくなっていきました」とコメント。

アフレコ初挑戦の広瀬は「私は普段、緊張しないタイプですが、3年間お仕事をしてきて、いちばん緊張しました。先輩方の雰囲気を見学させていただいたけど、マイクの前に立つと、足が震えたりしました。最初に予告を取りましたが、いまでも取り直したいです」と告白した。

『バケモノの子』では、人間の世界とバケモノの世界という、本来なら交わるはずのない2つの世界に住む、ひとりぼっちの少年と暴れんぼうのバケモノが出会い、奇想天外な冒険を繰り広げるさまが描かれる。【取材・文/山崎伸子】