(左から)園子温監督と篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵里菜

写真拡大

 園子温監督の最新作「リアル鬼ごっこ」の完成披露試写会が6月15日、都内で開かれ、トリプルヒロインを務めたタレントのトリンドル玲奈、篠田麻里子、女優の真野恵里菜とともに舞台挨拶を行った。

 何者かに「あなたたちはちょっとふてぶてしいので」という理由で女子高生が命を狙われるスリラー。トリンドルは第一声の直前に、園監督に「ネタバレはダメだよ。慎重にね」とクギを刺されあ然とした表情。しばし考えた後に、「走るシーンが多くて大変だったけれど、一生懸命頑張りました」と言葉を絞り出した。

 篠田は、ウエディングドレスを着てのアクションに挑戦。しかし、この日は映画の中に少ししか登場しない制服姿で、「年がいもなく制服を着ている私がふてぶてしい。今日もまさかと思ったけれど、喜んでいます」と自ちょう交じりに話し笑いを誘った。

 さらに先日、東京ディズニーランドに遊びに行った際の“リアル鬼ごっこ”体験を告白。「声をかけられて一緒に1枚写真を撮ったら、修学旅行生だったらしくどんどん集まってきて追われました。でも、私も遊びたいから必死で逃げ回りました」と明かした。

 唯一、園監督作品の経験がある真野は女子高生ながらマラソン選手の役。「監督の乗ったトラックのカメラを追いかけていたけれど、いつまでたってもカットがかからない。心が折れないようにするのが大変でした」と苦笑いで振り返っていた。

 「リアル鬼ごっこ」は、累計200万部を超えるベストセラーで過去に5作が製作された人気シリーズを、園監督がオリジナルで脚色。全国の女子高生が正体不明の何者かに追われる恐怖をノンストップで描く。7月11日から全国で公開される。