レッドカーペットで妖怪大行列! (C)水木プロ

写真拡大

 第8回したまちコメディ映画祭in台東(したコメ)が9月18〜22日に開催されることが決定し、メインビジュアルがお披露目された。妖怪たちがレッドカーペットを練り歩く、漫画界の巨匠・水木しげる氏かき描き下ろしのイラストだ。

 俳優、お笑いタレントなど幅広く活躍するいとうせいこうが総合プロデュースし、下町・上野、浅草の魅力をコメディ映画を通じて伝える住民参加型の映画祭。これまでしりあがり寿氏、五月女ケイ子氏、吉田戦車氏、リリー・フランキー、みうらじゅん氏、辛酸なめ子氏、安齋肇氏がメインビジュアルを担当してきた。

 今回、水木氏が「夢に見た楽しげな情景です」とイメージをふくらませ、雷門の提灯で大玉運びに興じる妖怪たち、盛り上がる行列を見ようと飛び出した風神雷神を描いたにぎやかで楽しいデザインを完成させた。水木作品「大人物」に登場し、上野恩賜公園に銅像がある西郷隆盛、本覚寺蟇大明神のカエル、浅草寺鎮護堂のタヌキをイメージしたキャラクターなど、下町にゆかりのあるキャラクターも登場している。

 いとうは「送られてきた完成品を目にして、思わず手を合せました。ありがたや! 笑いの力であらゆる厄を祓って下さる縁起のいいビジュアルです。どうぞ皆さんも笑いと合掌を!」と喜びのコメントを寄せた。

 第8回したまちコメディ映画祭in台東は、9月18〜22日に開催。