劇場版第2弾は
「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」 (c) LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト 2015

写真拡大

 子どもだけでなく大人も巻き込み大旋風を起こした「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメーション第2弾のタイトルが、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」に決定、12月19日に公開されることが発表された。また、7月25日発売の前売り券に付属する特典が、100万セット限定で用意されることがわかった。

 レベルファイブが企画・原作を手がけ、ゲーム、テレビアニメ、マンガ、玩具など多方面で展開している「妖怪ウォッチ」。劇場版1作目「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」は、公開前から話題を呼び、劇場前売り券の販売数が114万枚という驚異の売れ行きをみせ、50万セット用意された特典「妖怪メダル フユニャン」も瞬く間に配布終了。昨年12月20日に封切られると、初日2日間で興行収入16億円突破という配給の東宝史上最高記録を樹立し、今年5月末までに観客動員数696万8000人、興収約77億3000万円という大ヒットを記録した。

 今回の前売り特典は、「USA(うさ)ピョンBメダル ベイダーモード」&「データカードダス妖怪ウォッチともだちウキウキペディア ジバニャンカード」のセット。昨年の50万セットという前売り特典配布数は東宝作品史上最多だったにもかかわらず、今年はその2倍の100万セットが用意される。1人3セットまで。前売り券に関する詳細は、7月15日発売の「月刊コロコロコミック 8月号」に掲載される。