WHOが朴槿恵政権のMERS対応を批判 感染拡大の原因を指摘

ざっくり言うと

  • MERSをめぐりWHOなど合同調査団は、朴槿恵政権の初動が失敗だと断罪した
  • 政府が「透明で迅速な情報公開」を適切に行わなかったことが原因と示した
  • 朴政権の支持率は2週間で7ポイント下落し、33%になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング