『極道大戦争』のヒットを祈願した市原隼人

写真拡大

市原隼人主演映画『極道大戦争』(6月20日公開)の公開直前ヒット祈願イベントが、6月15日に神田明神で開催された。市原隼人、成海璃子、高島礼子、ゆるキャラの刺客KAERUくん、三池崇史監督が浴衣姿で鏡開きを行い、その後、御社殿でヒットを祈願した。

【写真を見る】市原隼人、成海璃子、高島礼子らが浴衣姿で登壇

『極道大戦争』は、噛みつかれてヤクザ化した人々が壮絶な戦いを繰り広げるという奇想天外なアクション映画。第68回カンヌ国際映画祭・監督週間に正式招待されたが、映画祭に参加した市原は「カンヌでも大絶賛されてうれしいです。三池監督あってのことで。この組のバイタリティがすごいです」と、三池組を絶賛した。

三池監督は「どこの国のどんな映画ファンもあまり観たことがない映画なので、驚きながら楽しんでくれました。カンヌのみなさんは厳しいけど、本当に喜んでくれました」と手応えを口にした。

また、市原について「映画に対して真剣で、誰よりも真面目。現場でもかなりケガをしてるんですが、ちらっとも見せずに平気でやり通す。そのへんは尊敬します。生まれ変わったら、市原隼人になりたいですが、家族が熱すぎて迷惑かなと」と笑顔で語った。

本日、三元雅芸が扮した刺客・KAERUくんが、スゴ技のアクションを披露したが、その合図のドラを鳴らした成海は「ドラが小さい音で申し訳なかったです」と恐縮。

三池組については「ウソかと思うようなことがたくさんあった現場でした」と感想を述べると、市原も「カエルが出てくるわ、カッパは出てくるわ、こんなクレイジーな極道映画は初めてです」と笑顔を見せた。【取材・文/山崎伸子】