写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の冨手麻妙(とみて・あみ=21)が、園子温監督の映画『みんな!エスパーだよ!』(9月4日公開)に出演することが15日、発表された。

園監督に憧れて女優業に励んでいた冨手は、『新宿スワン』(5月30日公開)で念願の園監督作デビューを果たした。本作は7月11日公開の『リアル鬼ごっこ』に続いての出演となり、今年だけで3本の同監督作品で抜てきたことになる。

本作は漫画家・若杉公徳の同名漫画を原作に、2013年4月よりテレビ東京で連続ドラマ化された『みんな!エスパーだよ!』の劇場版。映画では主人公・嘉郎(染谷将太)らチームエスパー以外にも、超能力に目覚めた者が多数存在することが明らかとなる。冨手が本作で演じるのは、映画版オリジナルキャラクターの新エスパー・神谷秋子。公開された場面写真では、谷間もあらわなセクシーショットを披露している。

冨手は2009年にAKB48の第8期研究生のオーディションに合格して芸能界デビューを果たすも、同年12月に卒業。翌年に再デビューして以降、グラビアを中心に活動しながら2011年ごろから小劇場の舞台で演技を磨き、2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』、2014年には連続テレビ小説『花子とアン』、そして今年はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』にも出演するなど、女優としてのキャリアを着実に重ねてきた。

以前からブログでも、園子温監督に憧れていることを公言していた冨手。『新宿スワン』公開日前日となる5月29日には「映画館で、予告編を観ただけで、個人的にはなんだか懐かしさと感極まって泣きそうになるんです。園子温監督との初めての現場だから。ずっとずっとずっと憧れていた園さんの現場だったから」とその思いをつづっていた。

そのほか、本作の追加キャストとして高橋メアリージュン(新任英語教師ポルナレフ愛子役)、サヘル・ローズ(エスパーのジュリー・バブコック役)、今野杏南(東三河署捜査一課刑事・三井ミツコ役)、星名美津紀(東三河新聞の記者・タエコ役)、篠崎愛(嘉郎の通う本屋の店長・ケイコ役)、清水あいり(東三河高校教師で嘉郎の担任・しずか役)、星名利華(町のスマートボール店バイト・サヤ役)の出演が同日、発表された。

(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会