ドリーミング(上段)、塙宣之、土屋伸之、大島優子、戸田恵子、中尾隆聖が登壇(左から)

写真拡大

6月14日(日)、都内にて『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』(7月4日公開)の完成披露親子試写会が開催。今回、アニメ声優に挑戦した女優の大島優子は「泣きました!」と話していた。

【写真を見る】「なんじゃ、もんじゃ、ミージャ!」とおまじないをかけ、白いハンカチをカラフルなハンカチや花束に変えた大島優子

やなせたかし原作による人気テレビアニメの劇場版27作目となる本作。完成披露親子試写会には、27年間アンパンマン、ばいきんまんの声を務めてきた戸田恵子、中尾隆聖と共に、魔法のランプの精霊・ミージャの声を担当した大島優子、ミージャを見守る精霊の声を演じたお笑いコンビ・ナイツの塙宣之、魔神を演じた土屋伸之が出席した。

戸田は、本作について「今回はミージャ、クリームパンダ、コキンちゃんの3人が力を合わせて頑張るところが見どころです。何があっても諦めないところが泣けるんです」と解説した。これには大島も「私も泣きました!」と、強く頷きながら同意。さらに、「私は、『新しい顔だよ』と言って、アンパンマンの顔を交換するシーンに参加できたことが、嬉しかったですね」と、お馴染みのシーンに登場できたことも喜んだ。

また、大島優子とナイツのふたりは、映画に登場する魔法にちなんで魔法(マジック)を披露。大島は「なんじゃ、もんじゃ、ミージャ!」とおまじないをかけ、白いハンカチをカラフルなハンカチや花束に。塙はハンカチを“鳩の偽物”に変えたあと、生きて見えるように細かく動かし、会場から笑いを誘った。

最後は、双子デュオ・ドリーミングを迎え、親子の来場者と同作のテーマ曲「アンパンマンたいそう」を大合唱したメンバー。ドリーミングの振りに合わせ、ダンスも披露し、会場を盛り上げた。【取材・文/平井あゆみ】