「バケモノの子」展に体験型ブース登場

写真拡大

 人気アニメ映画監督・細田守の世界に迫る展覧会「『バケモノの子』展」が、テクノロジスト集団「チームラボ」、面白法人カヤックとコラボレーションした体験型展示を行う。新作「バケモノの子」など、細田作品を体験できるブースが登場する。

 同展覧会は、「バケモノの子」をはじめ、「時をかける少女(2006)」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の300点を越える絵コンテ、レイアウト、原画、背景美術を通じて、作品の魅力をひも解く。

 チームラボは「バケモノの子」の世界を担当し、主人公気分で太刀の修行ができる「熊徹道場(チームラボスタジオ)」、映画ポスターと撮影者を合成しオリジナルポスターを作成できる「チームラボカメラ」を手がけた。面白法人カヤックは、「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」「サマーウォーズ」の名場面を再現したブースなどを用意する。

 映画「バケモノの子」は、バケモノの熊徹と出会った少年・九太の冒険を描く。役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すずらが声優として参加。7月11日から全国で公開。「バケモノの子」展は、7月24日〜8月30日に東京・渋谷ヒカリエのヒカリエホール(ホールA)で開催。