写真提供:マイナビニュース

写真拡大

6月27日公開の映画『ラブ&ピース』の女性限定試写会&トークショーが13日、都内で行われ、中川翔子が出席した。

園子温監督が愛をテーマに描いた待望のオリジナル作品『ラブ&ピース』。公開まで残り2週間となったこの日は、女性限定試写会後にトークショーが行われ、本作でフランス人形"マリア"の声として出演している中川翔子が登場した。

劇中のマリアと同じような衣装で登壇した中川は「レベル30ですが、図々しくもマリアを意識しました」とファッション解説し、初めて人形のマリアと対面して「まつ毛が可愛らしいですね! こんなになっているとは思いませんでした」と感激。園子温監督作品は2014年公開の『TOKYO TRIBE』以来となるが「今回は声の出演というお声がけをいただいて本当にうれしかったし、ありがたく光栄なお話でした。現場で怒られたり怒鳴られたりするんだろうなと思ったし、私はドMなので怒られたいと思いましたが、ものすごく優しくかったです。『こういう映画が撮りたいんだよ』と仰っていてキュンときました。今回の映画は味わい深くて園子温監督の世界から抜け出せないですね」と久し振りの再会に満足げだった。

トークショー中にMCから「今まで出会った男性で衝撃を受けた人は?」という質問に「加山雄三さんと佐々木いさをさんです」とあげながら、いきなり声を荒らげて「真田広之さんと結婚したいです!」と宣言した中川。その理由として「東映チャンネルで若かりし日の真田さんが血だらけになって裸で出てきたんです。最高過ぎて一時停止しながら絵を描いちゃいましたよ。ダメージを受けている男性に興奮しますね」と説明。また、気になる恋愛の方は「32歳までには子孫につながることができればと思います」と意欲を見せながら「年上で独身の男性がいたら素敵ですね」と話していた。映画『ラブ&ピース』は、6月27日よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開。