13日(土)は群馬県館林で34度を超え、今年一番の暑さに。大阪や名古屋、京都などでも真夏日を観測となりました。14日(日)も、この暑さは続くのでしょうか?


関東〜四国 気温は下がるが ムシムシしそう

上の図は、14日の予想最高気温を前日と比べたもの。関東〜四国の広い範囲で、気温が3度以上下がることがわかります。13日は暑かった関東の内陸部では、6度ほど下がって平年並みの気温に。これは、梅雨前線や上空の気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、気温の上昇が鈍いことが理由に挙げられます。ただ、湿気は多いため、運動したり、人混みの中を移動したりすると、ムシムシと感じられる所もありそうです。


北海道や東北 急に暑くなる所も

一方、北海道や東北の所々で、13日より3度以上高くなる見込み。特に盛岡は5度ほど高く、8月並みの暑さに。急に暑くなると熱中症にかかりやすくなりますので、こまめに水分や休憩をとるなど、体調管理に気をつけながらお過ごしください。


東北南部や北陸は真夏日続く 沖縄も高温注意

東北南部や北陸は、暑さが続きそう。福島や福井は31度、山形、金沢、富山では30度の予想です。13日と比べて気温はあまり変わりませんが、湿度は高くなり、蒸し暑くなりそう。風通しの良い服装を選んだり、エアコンの除湿機能を使ったりして、熱中症対策を心掛けましょう。
また、沖縄ではこのところずっと暑さが続いています。那覇では6日連続真夏日となる予想。石垣島では先月26日から、宮古島は先月28日から真夏日が途絶えていません。梅雨明けしたこともあり、例年よりも早く本格的な暑さとなっています。引き続き、暑さ対策をしっかりしてお過ごしください。