今知ってたらまだ間に合う! 男性が水着姿の彼女にガッカリする理由って?

写真拡大

うっとうしい梅雨の季節が明ければ、夏本番がやってきます。夏のデートは海やプールなど水着を着る機会も増えるもの。女性は水着姿になるために涙ぐましい努力をしているのに男性目線は厳しく、想像とはちがう姿に落胆してしまうことも。彼女の水着姿にガッカリする理由を、社会人の男性に聞いてみました。

Q.水着姿の彼女にガッカリしたことありますか?
ある 14.1%
ない 85.9%

少数ではありますが、ガッカリした経験があるという男性もいるようです。その理由を聞いてみました。

■ぽっこりお腹にがっかり

・「お腹が三段腹」(29歳/不動産/その他)

・「お腹が出過ぎているから」(39歳/情報・IT/技術職)

・「お腹がボテッとなっていて、期待していたのでかなりガッカリした」(27歳/情報・IT/技術職)

一番多かった、お腹の肉に対する指摘。洋服を着ているときは、隠そうと思えば隠せるだけに油断しがちなパーツです。男性は女性らしいくびれを期待している場合もあるので、ぽっこりもたっぷりも段々も、期待外れでガッカリなのです。

■ぺたんこの胸にがっかり

・「胸が小さくてがっかりした」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「胸がないのは知っていましたが、板みたいだったので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

水着、特にビキニなど肌を覆う範囲が狭いものは胸の小ささが強調されてしまいます。普段はブラで寄せて上げてがんばっていても、水着の頼りないホールド力では普段のような谷間は作ることができません。

■すぎたるは及ばざるがごとし

・「痩せすぎていて魅力半減」(26歳/農林・水産/技術職)

太っていることを気にする女性は多くいますが、痩せすぎも男性はあまりよく思っていないようです。必要な脂肪がない体は貧相に見えがち。ダイエットに励むあまり、エスカレートして痩せすぎの域まで達しないよう気を付けましょう。

楽しみにしていた水着デートで彼にガッカリされるなんて心外ですね。水着デートを楽しむには、自信を持って水着を着ることが大切です。女性はある程度年齢を重ねると、どうしても若い頃のような体系を維持することが難しくなりますが、だらしない体にガッカリされないよう、健康的な生活を心がけ、スタイル維持を目指しましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数92件。22歳〜39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません