年下の恋人と手をつないでロサンゼルスの空港に現れたクエンティン・タランティーノ監督/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

永遠のミューズ、ユマ・サーマンなどと噂のあったクエンティン・タランティーノ監督(52)が、超ご機嫌な様子で22歳年下の恋人と手をつないでロサンゼルスの空港に現れた。

【写真を見る】一緒に食事をしている姿もパパラッチされている/写真:SPLASH/アフロ

お相手はコスチュームデザイナーのコートニー・ホフマン(30)で、ふたりともサングラスをかけていたが、「手荷物は一切持たずに、楽しそうに空港の出発ゲートに現れた。ふたりは、人目もはばからずに何度も見つめあって幸せそのもの。タランティーノは満面の笑みを浮かべていて、サングラスをかけていても幸せ振りは隠せない様子だった」と関係者がデイリー・メール紙に写真付きで掲載している。

タラちゃんがコートニーを、パリで開催されたシーザーズアワードに同伴させていたのは、昨年の2月。5月には長年の友人でもあったユマとの交際が伝えられたが、6月にはコートニーとの路チューが報じられており、順調交際が続いていたようだ。【NY在住/JUNKO】