実はおなかをすかせちゃうおやつ&代替おやつアイデア6つ

写真拡大

ちょっぴり小腹がすいたときにさくっと食べたくなるおやつ。でもそんなおやつたちの中には、小腹を満たすために食べたはずなのに余計におなかをすかせる原因となるものも多くあるんです。今回はそんなおやつや飲み物とともに、その代替案のコンビたちをご紹介したいと思います。

「グミ」を「ナッツ」にかえてみよう!

高カロリーのグミなのですが、そのエネルギーはあっという間に消失してしまうのですぐにほかのものが食べたくなってしまうんですね。それに引き替え、片手一杯分の「塩のついていないナッツ」を食べることでエネルギーを与えてくれるうえ、食べたという満足感が続きます。

「フルーツ味のヨーグルト」を「低脂肪ギリシャヨーグルト+ハチミツ」にかえてみよう

一見ヘルシーそうなフルーツの果肉が入ったヨーグルト。でも実はかなりのお砂糖が使われているので、そんなにヘルシーじゃないうえにおなかがすいてしまうんです。でもギリシャヨーグルトは少量で食べごたえがあり、ローハニーと一緒に食べることでパワーチャージも完璧。

「スムージー」だけでなく「スムージー+ヨーグルト」にかえてみよう!

健康によいスムージーなのですが、水分多めのスムージーを食事の前に飲んだりすると余計におなかがすいてしまうという研究結果が出ているそう。繊維多めの果物とギリシャヨーグルトをプラスすることで満腹感が得られると同時に、高プロテインのスムージーを作ることができます。

「ポテトチップス」を「ポップコーン+パルメザンチーズ」にかえてみよう!

塩がたっぷりときいたお菓子は喉が渇くうえ、もっともっと食べたくなってしまう傾向が。そこで、繊維多めで空気がたっぷりと詰まったポップコーン(塩なし)にチーズをかけて食べることでポテトチップスよりも低カロリー、さらに少量で満足感をゲット。

「ぽんせんべい」を「アボカドトースト」にかえてみよう!

低カロリーが売りのお米でできたぽんせんべいですが、一時的におなかが膨らんだように感じるものの、瞬く間に空腹感を感じはじめます。そんなときには全粒粉のトーストにマッシュド・アボカドをのせて食べてみましょう。良質な脂肪分と繊維質をとることができ腹持ちも◎。

「ドライフルーツ」を「新鮮なフルーツ」にかえてみよう!

ドライフルーツは糖分が凝縮しているので一気に血糖値をあげてくれるものの、下がっていくのも早く満足感が持続しないんです。でも新鮮なフルーツであればじんわりと血糖値をあげていってくれます。また、ドライフルーツよりもたくさんの量を食べることで満腹中枢も刺激されます。