熱いセックスの相手となる男を探す女性の物語 Photo by Robin Marchant/Getty Images

写真拡大

 米女優ヘザー・グラハムが、主演と脚本も兼ねたセックスコメディ「ハーフ・マジック(原題)」で監督デビューを果たすことがわかった。

 同作は、熱いセックスの相手となる男を探す主人公ハニーの物語で、その過程で生じる迷いや戸惑いも含めた赤裸々な女の感情がコミカルに描かれる。グラハムがハニー役で主演し、その女友だち役をアンジェラ・キンジーとステファニー・ベアトリスが演じる。

 ほか、「セックス・アンド・ザ・シティ」のスミス役で知られるジェイソン・ルイス、クリス・デリア、モリー・シャノン、ルーク・アーノルド、トーマス・レノンらが共演する。米ハリウッド・レポーターによれば、すでに撮影中とのことだ。