米ソニー・ピクチャーズが製作・配給する作品を発表するイベント

写真拡大

 今年で6度目を迎える「Summer of Sony Pictures Entertainment 2015」が6月11日(現地時間、以下同)、メキシコ・カンクンのザ・リッツ・カールトン カンクンで開幕した。

 同イベントは、米ソニー・ピクチャーズが製作・配給する作品のプレゼンテーションを、世界各国からジャーナリストを集めて行うもの。これまでにレオナルド・ディカプリオ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、チャニング・テイタム、クエンティン・タランティーノ監督ら多くのハリウッドスターが参加している。

 今年もバラエティ豊かな作品のキャスト、監督が結集。12日以降にクロエ・グレース・モレッツ主演作「FIFTH WAVE」(日本公開は16年春)、ジャック・ブラック主演作「GOOSEBUMPS」(16年)、ダニエル・クレイグ主演作「007 スペクター」(12月4日)、ジョセフ・ゴードン=レビット主演作「ザ・ウォーク」、アダム・サンドラー主演作「ピクセル」(9月19日)、トム・ハンクス主演作「インフェルノ」(16年秋)などの会見やフォトコール、SKYPE会見が行われる予定だ。

 「Summer of Sony Pictures Entertainment 2015」は、6月18日まで開催。