「NGT48」の北原里英

写真拡大

 米アカデミー賞公認のアジア最大級の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015」と、AKB48グループがコラボレーションした「AKB Short Shorts」プロジェクト「9つの窓」発表会見が6月12日都内であり、「NGT48」の北原里英が出席した。

 同プロジェクトは、AKB48グループから選ばれた9人をそれぞれ主演に据えた10分の短編映画9作品を製作し、同時に劇場上映するもの。以前から女優になる夢を公言しており、ヒロインのひとりに抜てきされた北原は「いずれは世界の映画祭に参加したいという夢もあるので、その第一歩になれば」と笑顔で抱負を語り、「短編がすごく好き。短い分そこに良さが凝縮されている」と話した。

 北原が主演を務める「お電話ありがとうございます」は、コールセンターで働く主人公が、未来からの苦情電話を取るというSFコメディで、「最後まさかの展開が待っています!」と熱烈アピール。今後は「シリアスな作品に参加したい。クラスでひとりぼっちのミステリアスな女の子を演じてみたい」と意気込んだ。

 また、10日の深夜に「芝居の道に進む」とSKE48の卒業を発表した松井玲奈に「玲奈ちゃんがお芝居をしたがっているのはみんな分かっていたと思うし、寂しいよりもおめでとうの気持ち」とエールを送り、「(自分が)卒業した後にどこかで共演できたら素敵かなと思います」と前を向いた。

 また、先日行われた「AKB48 41stシングル選抜総選挙」で、北原は11位にランクイン。前回の19位から躍進して選抜入りを果たした。同期で今年女王に返り咲いた指原莉乃には、「前回指原がセンターだったときは曲に参加できないことがすごく悔しかった。今年こそ一緒に踊れるのは嬉しいです」と喜んでいた。

 9作品中4作品はすでに撮影が終了しており、北原をはじめ、「SNH48」兼「SKE48」の宮澤佐江、「AKB48」の茂木忍、中西智代梨が主演を務めることが発表された。全作品のラインナップは9月9日に「AKB Short Shorts」の公式HPで発表する。「9つの窓」は、2016年早春から神奈川・ブリリア ショートショート シアターほか全国で順次公開予定。