“ジャイロスフィア”という球体の乗り物でパーク内を巡る/ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment

写真拡大

地球史上最大のテーマパークを舞台にしたメガヒットシリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』(8月7日公開)。このたび、映画史にその名を刻む第1作『ジュラシック・パーク』(93)誕生当時の興奮が蘇る特別映像が解禁された。

【写真を見る】迫力満点で描かれる新たな恐竜ワールドは興奮必至!/[C] UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

『ジュラシック・パーク』の印象的な音楽と、創設者ジョン・ハモンドの「ようこそ、『ジュラシック・パーク』へ」という案内からはじまる本映像。最新作『ジュラシック・ワールド』の主人公である恐竜の飼育員、オーウェンを演じるクリス・プラットが「『ジュラシック・パーク』をはじめて観たとき、その場で立ち上がった。映画の歴史が変わる瞬間をみた」とコメントするなど、本作のキャストや監督らの第1作への感想コメントが次々とインサートされていく。

そんな中でやはり心震えるのが、第1作のメガホンをとり、最新作『ジュラシック・ワールド』では製作総指揮を務めた巨匠スティーヴン・スピルバーグのコメントだ。「『ジュラシック・ワールド』は『ジュラシック・パーク』で叶わなかった夢が実現した」と語るように、22年前には実現に至らなかったパークオープンが本作では遂に実現!

「ほかのどの映画にも実現できなかった独創性を持っている」とスピルバーグ自身が本映像で語っているが、事実、期待を遥かに超え進化を遂げた本作には、撮影中のスタッフやキャストのテンションも急上昇!その興奮冷めやらぬ様子が映像にも映し出されている。

『ジュラシック・パーク』より22年の時を超えて、現実のものとなった地球史上最大のテーマパークの開園。否応なしに期待感を高めてくれる本映像をチェックして、公開を楽しみに待とう!【Movie Walker】