テリー・ギリアム監督 写真:WENN/アフロ

写真拡大

 テリー・ギリアム監督がアマゾン・スタジオと契約を結んだとPlaylistが報じた。関係者によると、ギリアム監督が長年温めている悲願の企画「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」の映画化が条件に含まれているという。

 同作は、2000年にクランクインしたものの、度重なるアクシデントに見舞われ製作中止に追い込まれたいわくつきの作品で、その顛末は、ドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(2002)にも描かれた。

 ギリアム監督の「ドン・キホーテを殺した男」には、ジャック・オコンネル(「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」)とジョン・ハート(「エイリアン」)の出演が決まっているという。2016年のクランクイン予定。