新しいガンバたちの冒険が始まる! 原作本イラストと映画ティザーポスター
 - (C)藪内正幸/(C)SHIROGUMI INC., GAMBA
Inspired by Masayuki Yabuuchi

写真拡大

 映画『STAND BY ME ドラえもん』などの映像製作会社・白組が、1975年に「ガンバの冒険」としてテレビアニメ化された児童小説を3DCGアニメーション化する『GAMBA ガンバと仲間たち』(10月10日公開)から、新たに生まれ変わったガンバと仲間たちのビジュアルと特報映像が公開された。

 同作は、どう猛な白イタチ・ノロイが支配する「夢見が島」を舞台に、町ネズミのガンバと仲間たちが、島のネズミたちを助けるために戦う姿を描く斎藤惇夫の児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店)が原作。ドラマ「リーガルハイ」シリーズの脚本家・古沢良太が初めてアニメ作品の脚本を手掛け、1991年公開の『ガンバとカワウソの冒険』以来となる、24年ぶりの映画化に挑む。

 テレビアニメのリメイクではなく原作の3D化となるため、公開されたガンバたちの姿も、アニメ版とは違うものに。13日より劇場に掲出されるティザーポスターも、原作の表紙を飾っている動物画家・薮内正幸氏のイラストに3DCGのガンバをコラージュしたような、原作への多大なるリスペクトを感じさせるデザインになっている。

 特報では、個性的なガンバと仲間たちが、猫に追い掛けられたり、鳥や馬車に乗ったりといった大冒険を繰り広げる様子がダイナミックに描かれ、「これ以上、遅れをとったら、アメリカ(特にピクサー)の背中が見えなくなってしまう」という意思で製作に臨んだ白組の意気込みが伝ってくるようだ。

 白組の副社長でもある小川洋一が総監督を、同社で演出などを手掛ける河村友宏と小森啓裕が共同監督を担当。さらに、『海街diary』などを手掛けるアートディレクターの森本千絵が、コミュニケーションディレクターとして参加することも決定。実力派製作陣による映画化に、原作者の斎藤は「半世紀近く前に書いた物語が、どんな映像で、どんな言葉と音楽で、今に甦るのか、子どものように胸踊らせながら公開の日を待っています」と期待を掛けている。(編集部・入倉功一)

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は10月10日より2D / 3D全国公開