斎藤工が劇中の忍者の衣装で登場!

写真拡大

斎藤工主演の忍者アクション『虎影』(6月20日公開)の完成披露試写会が6月11日にアキバシアターで開催され、斎藤をはじめ、石川樹、西村喜廣監督が登壇。斎藤が劇中の忍者の扮装で登場すると、会場から「かっこいい!」とため息まじりの声援があがった。

【写真を見る】斎藤工の忍者姿に「かっこいい!」とため息まじりの声援があがった

本作は、かつて“最強”の名を欲しいままにしていた虎影が、愛する者を救うため命がけのバトルに挑む物語。実写映画『進撃の巨人』では特殊造型プロデューサーを務める鬼才・西村監督がメガホンをとった。

斎藤は「西村さんのつくる忍者もの。何を考え、何をつくるのかといちファンとして興味があった」とオファーを受けた経緯を述懐。「天才アーティストだと思います」と監督への絶大な信頼感を語った。西村監督も「最近、アクションものでオリジナルストーリーというのは少ない。オリジナルだからこそ、工を主役でやりたくてつくった」と告白。「主演には工しか考えられなかった」と相思相愛の思いを明かしていた。

また、忍者・虎影が愛する家族を守ろうと奮闘する本作。斎藤は「僕はまだ結婚もしていないし子どももいませんが」と切り出し、「虎影のかっこよさは、自分より優先するものに向かっているところ。本当にかっこいい人ってこういう人だと思う」と演じたキャラクターに惚れ惚れとしていた。

その虎影の息子役を演じたのが、石川。石川は「アクションが大変だった。雨が降ってしまったシーンは本当に寒くて。頑張らなきゃなと思った」とコメント。すると西村監督が「本当に雨が降ってしまって、二人ともびしょ濡れで。アクションが終わってロケバスに入ったら、工が自分の体を拭かずに、この子の頭をずっと拭いていた。優しいヤツだなと思った」と斎藤の優しさを目の当たりにしたとか。斎藤が「それは“営業スイート”です。こういう場面で監督が話すかなと思ってやったこと」と照れ隠しのように話すと、会場も大爆笑だった。

最後には「自信をもっております」と完成作に胸を張った斎藤。「劇場空間で他人と共有して楽しむ映画になった。西村さんの世界観に劇場で触れることは、貴重な体験になる。日本映画の底力を証明したい」と熱く語り、大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】