大ベストセラー小説「アルケミスト」を映画化 写真提供:アマナイメージ
Photo by Tony Barson/FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 ブラジル人作家パウロ・コエーリョの大ベストセラー小説「アルケミスト 夢を旅した少年」を、「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーンが監督を務めて映画化するプロジェクトが数年前から進行中だが、その主役として英俳優イドリス・エルバが出演交渉中だと米Deadlineが報じた。

 本プロジェクトが最初に立ち上がったのは2008年のことで、自ら映画化権を購入したフィッシュバーンと、製作する米ワインスタイン・カンパニーのハーベイ・ワインスタインにとっては長年の悲願の企画だ。当初はフィッシュバーンが主演も兼ねる予定だった。

 「アルケミスト」は、アンダルシアからエジプトのピラミッドを目ざす旅に出た羊飼いの少年サンチャゴが、旅の途中で出会ったアルケミスト(錬金術師)に導かれながら、人生の知恵を学んでいくという物語。全世界で3000万部以上売れたと言われる大ベストセラーだ。交渉が成立すれば、エルバがアルケミストを演じる。2016年中の撮影開始を目指す。