『ブロードチャーチ2〜殺意の町〜』

写真拡大

本国イギリスで驚異的な視聴率をたたき出した英ITVの大ヒットシリーズ『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』。本作でマークを演じるアンドリュー・バカンが、来年放映予定のシーズン3に出演するかどうかはわからない、と話している。

【関連記事】『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』森川智之さん独占インタビュー!

『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』は、11歳の少年ダニーの遺体が海岸で発見されたことをきっかけに、これまで平和だった町が一転、住人たちの秘密が次々と明らかになるというクライムドラマ。『ドクター・フー』のデヴィッド・テナントと、オリヴィア・コールマン(『セレブになりたくて 〜サイモンの青春日記〜』)が、事件の真相に迫る警部補アレックと巡査部長エリーをそれぞれ演じている。アンドリュー扮するマークは、殺されたダニーの父親で配管技師という設定だ。

英Radio Timesによると、アンドリューは「悲しいことに、僕がシーズン3に出演するかどうかはまったくわからない」と語り、物語がどう展開するのかも知らないという。

さらに、「ただ、『ブロードチャーチ』のシーズン3を製作するのは当然だよ。視聴者を惹きつけてやまない、番組のエッセンスを忘れない限り、ずっと続くだろう。番組のトーンは全体的に暗いけれど、感動的な要素もある。多くの視聴者は共感を得ていると思うよ。クリエイターのクリス・チブナルは、直感的な目を持っているから、『ブロードチャーチ』をこの先どう展開すべきなのかわかっているはずだ」と、番組への思い入れも語っている。

デヴィッドとオリヴィアがシーズン3に出演することは、すでに発表されているが、シャロンを演じたマリアンヌ・ジャン=バプティストは、降板することが決まっている。

日本では、シーズン2となる『ブロードチャーチ2 〜殺意の町〜』が、WOWOWプライムにて7月19日(日)より一挙放送開始予定だ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ブロードチャーチ2〜殺意の町〜』、7月19日(日)一挙放送決定『ドクター・フー』のデヴィッド・テナントが刑事に! 『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』9月27日、日本初放送決定!『ブロードチャーチ』オリヴィア・コールマン、ミュージカル『London Road』の映画版で歌も披露