例年通りにいけば、今年も9月に発売が予想される次期iPhoneですが、その発売日は9月25日になるかもしれないと、ネットメディアMobile News Onlineが伝えています。

ボーダフォンの社内メールがリーク

情報元によりますと、次期iPhoneが9月25日に発売する可能性がある理由として、イギリスの携帯会社ボーダフォンの社内メールが流出したことがあげられています。iPhone4sを除いて、近年のiPhoneはすべて金曜日の発売となっていることから、次期iPhoneの発売日にもこの法則が継承されても不思議ではありませんし、確からしい日程ではあります。
 
なお、予約受付開始は1週間前の9月18日からになると伝えられています。

次期iPhoneでは、モデル表記がなくなる?

また、流出したメールには”新しいiPhone”との表記がされているため、次期iPhoneではこれまでのような、モデル番号の表記が排除されてしまうかもしれません。このまま、年に1回の更新頻度で新型のiPhoneがリリースされ続けた場合、「iPhone11、iPhone12、iPhone13・・・」となってくると、どんどん呼び方が難しくなりますし、それはそれで考えうることですね。
 
ただし、Appleは以前にも第3世代のiPadを発売した際に、”新しいiPad”という表記を使用しましたが、その後たった半年で第4世代のiPadを発売し、この表記をやめてしまった過去がありました。
 
色々と考えると、正直どちらに転んでもおかしくない次期iPhoneの名称ですが、どうなるのか今から楽しみですね。
 
 
Source:Mobile News Online
(クロス)