1、2巻めのカバー絵では憂いのある表情のマイコ。最終巻で見せた笑顔の意味とは。うきわ/うわきという言葉遊びに端を発した物語にはドーナツ、結婚指輪、荷造りテープなど丸モチーフが効果的に登場。小学館 550円。

写真拡大 (全2枚)

野村宗弘さんの『うきわ』はセリフも切り詰められ、それぞれに抱く思いも先々の展開もマイコや二葉の表情だけに託されているような静かなマンガだ。感涙必至の大人の恋愛コミック『うきわ』について作者の野村宗弘さんに話を聞いた。

「艶っぽい物語を描いてほしいと言われ、じゃあ互いになかなか踏み込めない方がしっとりしたムードが出るだろうと思ったんです」

夫の浮気疑惑を問いただせずにいた、パートで働く主婦マイコ。あるとき、夫の上司でかすかな好意を寄せていた二葉さんに相談してしまう。実は二葉さんも妻の浮気にひっそりと心を痛めていたことがわかり…。社宅のお隣さん同士でもある、マイコと二葉さん。<非常の際はここを破って隣家へ避難できます>と書かれたベランダの壁をはさんで、ふたりのそれを越えたい激情と、越えまいとする理性とがせめぎ合う。その切なさたるや!

「描きながら、『いっとけや、そこは!』って思ったことが何度もありました(笑)。そもそも理性ってウソつきだと思うんです。本能の赴くままにふるまったら、『人を傷つける』とか『人からどう見られるだろう』とか考えて自制するのが他者への配慮ですが、それって結局、自分の本心にはウソついてるわけですから。内にこみ上げてくる欲望が人間を苦しめよるんだと思われているけれど、逆に理性が苦しみの根源かもしれないですよね」

いよいよ最終巻となり、ふたりは抑えてきた思いをぶつけることができるのか。この結末があまりに美しく、恋したことがある人なら、涙をこらえるのが難しいほど。

「<うわき>されている者同士が、互いに<うきわ>を投げ合って、救い救われるという話でもあるなと。ただ、一見、マイコと二葉さんの恋の障害になっている二葉さんの妻を“救われない人”として切り捨てたくはなかった。なので『自分の妻がもし浮気してたら…』とか『浮気ってそもそも許せるものだろうか…』とか、彼らと一緒に悩み抜きました。人間についてぐちゃぐちゃ考えるのが好きなので、またこういう作品はやってみたいですね」

◇1、2巻めのカバー絵では憂いのある表情のマイコ。最終巻で見せた笑顔の意味とは。うきわ/うわきという言葉遊びに端を発した物語にはドーナツ、結婚指輪、荷造りテープなど丸モチーフが効果的に登場。小学館 550円。

◇のむら・むねひろ 1975年生まれ、広島県出身。マンガ家。鉄工所で働いていた経験を生かした『とろける鉄工所』(全10巻)でブレイク。他の著作に『満月エンドロール』(上下巻)など。※『anan』2015年6月3日より。写真・加藤 淳 インタビュー、文・三浦天紗子 《anan編集部》