めっちゃ仲良しな母・白石まるみ(右)と娘・守永真彩(左)。見た目も含めて、親子というよりも姉妹みたい!?

写真拡大

人気アイドルとして1980年代を駆け抜けた白石まるみさんと、タレントで最近は競馬界でも活躍中の守永真彩さん。実の母娘による日本ダービー予想をお届け!

■個性心理学vsトレセン情報!

―それにしても、まるみさんはお変わりないですねえ。

まるみ ありがとうございます(微笑)。私、初めての水着グラビアが週刊プレイボーイさんだったんです。その後も何度かお世話になりまして。

―こちらこそ、お世話になりましたっ!(意味深)

まるみ うふふふっ。

―おふたりは去年1年間、『スポーツ報知』でGIの予想をされたんですよね。

真彩 そうなんです。しかも、うちのママは競馬が一切わからないというのに(笑)。

まるみ いまだに競馬は全然わかりません(笑)。でも、私は個性心理学という、誕生日で運気や性格がわかる実学を勉強していて、それを応用して予想をしたんです。

―個性心理学…ですか?

まるみ 簡単にいえば、十数年前に流行った動物占いの基礎になっているものです。馬と騎手の誕生日から出走するレースの年、月、日、時間の運気を割り出して、人馬ともに上位から選んでいくという予想。でも、それで7割くらい的中できたんですよ。

―すげぇ〜!(驚愕)

真彩 毎週、美浦(みほ)トレセンで取材している私より当たるので、個人的にはちょっと複雑な気持ちでしたけど(笑)。

―でも、真彩さんもこの春は予想が絶好調だとか。

真彩 はい。ヴィクトリアマイル、NHKマイルC、皐月賞とGI3勝しています。

―すごい! その調子で今回の予想もお願いします!

真彩 では、私から。本命はドゥラメンテです。皐月賞は4コーナーで外に膨れる大きなロスがあったにもかかわらず、直線では強烈な末脚で差し切り勝ち。ゴール前はまだ余裕がある横綱相撲でした。

実は皐月賞の後、堀厩舎へ取材に行ったんですが、担当の調教助手さんも「あんなに強い勝ち方をするとは思わなかった」って。一番近くで見ている人でさえビックリするような脚を使って勝ったのはすごいですよね。

―確かに。ドゥラメンテの皐月賞のレーティングは2005年のディープインパクト、2011年のオルフェーヴルがマークした118ポンドを上回る119ポンドという最高評価を受けています。

真彩 しかもドゥラメンテは新馬戦から5戦していて、すべてのレースで最速の上がりを記録。折り合い面に若干の不安はあるものの東京コースに実績もありますし、現時点では能力は一枚上だと思います。

―ふむふむ。では、まるみさんの本命は?

まるみ 私の本命もドゥラメンテです♪

―な、なんと! 競馬をまったく知らないのに誕生日だけでドゥラメンテを本命にするなんて。恐るべし、個性心理学!

まるみ ドゥラメンテを診断したところ、出走日(5月31日)と出走時間(15時40分)に「成果」という運気が出ました。この成果というのは勝負運が最高の運気なんです。

また、ドゥラメンテに乗るM・デムーロ騎手もすごくよくて、出走日と出走時間の運気は「学習」。この学習というのは頑張ったことがそのまま結果に出る運気。なので、馬と騎手の両方を診断した結果、人馬ともに一番運気がよかったので本命にしました。

―ふむふむ。

まるみ 実は、一緒に予想をするようになって私と娘の本命が同じだった時は9割くらいの確率で的中してきたんですよ。だから、今回もかなり高確率でドゥラメンテが勝つんじゃないかなって。

―マジっすか! ちょっと銀行に行ってお金を下ろしてきます!

真彩 でも、この春のGIって全部1番人気が飛んでるじゃないですか。

―あー(汗)。

真彩 そこはちょっとだけ不安ですが、そんなジンクスも吹き飛ばすドゥラメンテの走りに期待したいです。それからもう一点、皐月賞の時に気づいたんですが、ドゥラメンテって独特な歩様(ほよう)をするんですよ。パドックや輪乗りの時にイギリスの近衛兵のように前脚を高く上げて歩くんです。これは好調の印だと思うので、ダービーの時も脚の動かし方には注目してほしいと思います。

―対抗はどうでしょう。

まるみ 本命と同じくらい運気が良かったのはキタサンブラックです。出走日と出走時間の運気が「完結」で、これはいろんなことがうまくいく一番いい運気なんです。

―勝負運抜群の「成果」とタメを張れるくらいナイスな運気ということですか。

まるみ その通り。また、騎乗する北村宏司騎手もM・デムーロ騎手とまったく同じ運気で、こちらも人馬ともに素晴らしい組み合わせとなりました。

真彩 キタサンブラックはデビューから3連勝で皐月賞に臨んで、結果は勝ったドゥラメンテから0.6秒差の3着。正直、今までは馬券を買ってこなかったけど、皐月賞を見て力のある馬だということはわかりました。ただ、東京の芝2400mを逃げて勝ちきるのは難しいから私は少し評価を下げて△です。

―じゃあ、真彩さんの対抗は?

真彩 リアルスティールですね。皐月賞はドゥラメンテの2着でしたが、レース直後に調教師の矢作(芳人・やはぎよしと)先生とお話をした時、まったく悲観はされてなくて、逆にダービーへの闘志を燃やされていました。前々走の共同通信杯ではドゥラメンテを競り負かしており、東京コースが合うのも証明済み。現在、リーディング1位の福永騎手が手綱を取るのも心強いですね。

まるみ リアルスティールの運気は「転換」で、今までとは違う新しい自分が出てきたりするんですね。いい意味で「変わったね、この馬」っていう運気なんですよ。また福永騎手は「調整」で、馬と上手に調和が取れる運気なんです。この組み合わせは悪くないですよ。

―ふむふむ。では、他に気になる馬はいますか。

まるみ サトノクラウンとミュゼエイリアンです。どちらも運気はキタサンブラックと同じで最高の「完結」。ただ、騎手の運気との組み合わせで少し印が下がりました。

真彩 私が気になってるのはサトノクラウンです。1番人気に推された皐月賞は0.7秒差の6着でしたが、ちょっとした不利もあって悲観する内容ではないと思います。実際、デビューから3連勝したレースっぷりは見事でしたし、まだまだ見限れないですね。後は、ダービーを知り尽くしている男、武豊騎手が乗るポルトドートウィユも押さえておきたい一頭です。

―さあ、ふたりの予想が出そろいました! 個性心理学とトレセン情報から導かれた予想は果たして!? 決戦は5月31日15時40分だっ!

●白石まるみ(Shiraishi Marumi)

1962年11月27日生まれ。身長163cm。

B83 W63 H87。1978年にドラマ『ムー一族』でデビュー。「花の82年組」として新人賞レースにも参加。現在も多方面で活躍中!

●守永真彩(Morinaga Maaya)

1991年8月2日生まれ。身長161cm。 B87 W60 H88。2009年にグラドルとしてデビュー。現在、『トレセンまるごと情報局』(グリーンチャンネル)にレギュラー出演中!

(取材・文/浜野きよぞう 撮影/内山一也)