いよいよ間近に迫ってきたGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)。3歳馬の頂点を決する"競馬の祭典"は、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)を制したドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)と、2着リアルスティール(牡3歳/父ディープインパクト)の「再戦」という見方が大勢を占めている。

 皐月賞では、好位から抜け出したリアルスティールを、ドゥラメンテが直線で悠々と差し切り勝ち。4コーナーで大きく外に膨らみながら、そのロスをものともしない勝ち馬の強さが際立つレースとなった。と同時に、3着以下を2馬身半離した2着馬リアルスティールにも貫録があった。そのため、日本ダービーにおいても「皐月賞の上位2頭が抜けている」という考えが多数を占め、当日の1、2番人気に推されるのは、間違いなくこの2頭だろう。

 だが、本当にダービーでも、この2頭が上位を独占するのだろうか。近年の歴史を振り返えれば、それは「難しい」と考えざるを得ない。

 というのも、皐月賞の上位2頭がダービーで1、2着となった例は、20年前の、1着タヤスツヨシ(1番人気。皐月賞2着)、2着ジェニュイン(2番人気。皐月賞1着)という結果に終わった1995年にまで遡(さかのぼ)らなければ見つからないからだ。しかもこの20年の間に、皐月賞の上位2頭がダービーで1、2番人気になったケースは、他に5回もあったが、2頭のどちらか、あるいは両方が崩れている。ドゥラメンテとリアルスティールの一騎打ちを望むには、風向きの悪いデータと言える。

 となると、それら5回のダービーを振り返ることで、「2強」に割って入る馬を見つけることができるかもしれない。なかでも、ファンに夢を与えてくれそうな「穴馬」を探してみたい。

 まず見てみたいのが、2012年と2014年のダービーだ。結果は以下のとおり。

◆2012年のダービー
1着:ディープブリランテ(3番人気。皐月賞3着)
2着:フェノーメノ(5番人気。青葉賞1着)
 ... ... ... ... ...
4着:ワールドエース(1番人気。皐月賞2着)
5着:ゴールドシップ(2番人気。皐月賞1着)

◆2014年のダービー
1着:ワンアンドオンリー(3番人気。皐月賞4着)
2着:イスラボニータ(1番人気。皐月賞1着)
 ... ... ... ... ...
5着:トゥザワールド(2番人気。皐月賞2着)
(※青字が皐月賞1、2着だった「2強」。カッコ内はダービー時の人気と前走の結果。以下同)

 この2年は、皐月賞で3着以下に負けた馬たちが「逆転勝利」を決めた。といっても、大敗した馬ではなく、ある程度上位に来ていることが条件となる。今年で言えば、皐月賞3着のキタサンブラック(牡3歳/父ブラックタイド)、1番人気で6着に敗れたサトノクラウン(牡3歳/父マルジュ)あたりが該当するだろう。

 ただ、この2頭はそれなりに人気を集めることが濃厚。しかも、今年は皐月賞4着のブライトエンブレム(牡3歳/父ネオユニヴァース)と5着のクラリティスカイ(牡3歳/父クロフネ)がダービーに出走しないため、より注目度が増す。「2強」の牙城を崩す候補であることは確かだが、「穴馬」としてはふさわしくない。

 であれば、2強が崩れた残り3回のダービーをヒントにしたい。

◆2000年のダービー
1着:アグネスフライト(3番人気。京都新聞杯1着)
2着:エアシャカール(1番人気。皐月賞1着)
 ... ... ... ... ...
12着:ダイタクリーヴァ(2番人気。皐月賞2着)

◆2003年のダービー
1着:ネオユニヴァース(1番人気。皐月賞1着)
2着:ゼンノロブロイ(3番人気。青葉賞1着)
 ... ... ... ... ...
7着:サクラプレジデント(2番人気:皐月賞2着)

◆2011年のダービー
1着:オルフェーヴル(1番人気。皐月賞1着)
2着:ウインバリアシオン(10番人気。青葉賞1着)
 ... ... ... ... ...
7着:サダムパテック(2番人気。皐月賞2着)

 上記3回の結果を見てみると、「2強」に代わって躍進した馬には、明確な共通点があることがわかる。いずれも"別路線"の前哨戦を制した馬、ということだ。

 ゼンノロブロイ(2003年2着)とウインバリアシオン(2011年2着)は、ダービートライアルのGII青葉賞(東京・芝2400m)の覇者。2000年の優勝馬アグネスフライトは、GIII京都新聞杯(京都・芝2000m)を制していた。

 なお、3頭はいずれも皐月賞に出走していない。となると、「皐月賞不出走」で「別路線の前哨戦を制覇」した馬でなければ、台頭できないということだ。先に記した2012年ダービーの2着馬フェノーメノも、このパターンに当てはまる。

 今年で考えれば、青葉賞(5月2日)を制したレーヴミストラル(牡3歳/父キングカメハメハ)と、GII京都新聞杯(5月9日/京都・芝2200m)を勝ったサトノラーゼン(牡3歳/父ディープインパクト)が、それだ。

 レーヴミストラルは、兄姉が軒並み活躍している超良血で、さらに目下3連勝中と勢いに乗る一頭。これらのことから、ある程度人気を集めることが予想される。条件はぴったりでも「穴馬」としては推せない。

 一方、サトノラーゼンは人気の盲点になる可能性が高い。同馬は、初勝利までに5戦を要し、前走・京都新聞杯も決して派手な勝ち方ではなかった。そのため、前哨戦を勝利しながらも、あまり評価が上がっていないのだ。

 だが、サトノラーゼンには武器がある。そのレーススタイルだ。近年のダービーは、インコースが有利で、昨年の勝ち馬ワンアンドオンリーも、内々を先行してタイトルをつかんだ。サトノラーゼンの得意パターンは、まさにその形。ワンアンドオンリーと同様のレースを再現できれば、大仕事をやってもおかしくない。「穴馬」として狙うなら、こちらだろう。

 ちなみに、皐月賞の上位2頭が1、2着となった1995年のダービーは、別路線の青葉賞を勝ったサマーサスピションがケガで出走を回避。また、その他の前哨戦を勝ったマイネルブリッジとイブキインターハイは、皐月賞に出走して大敗を喫していた。

 つまり、この年のダービーは、「皐月賞不出走」で「別路線の前哨戦を制覇」した馬が不在だった。ゆえに、皐月賞と同じ2頭で決着したのだろう。

 はたして今年のダービーは、「2強」による決着に終わるのか。過去の歴史どおり、「2強」に代わって飛躍する馬が現れるのか。胸高鳴る決戦のゲートがまもなく開く――。

河合力●文 text by Kawai Chikara