JR東日本 山手線の支柱倒壊問題で社長や社員12人を処分

ざっくり言うと

  • JR東日本は26日、架線の支柱が倒壊した問題で社長ら12人を処分したと発表
  • 冨田哲郎社長が報酬30%を3か月、柳下尚道副社長が報酬30%を1か月返上する
  • また同日、運輸局に対し再発防止策をまとめた報告書を提出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング