横浜のラーメン店・吉村家から広がった「横浜家系ラーメン」は、スープが豚骨醤油ベースであることと、麺が中太麺であることが特徴で、トッピングにはネギ・メンマといったオーソドックスなもののほかに、ほうれん草や海苔が使われたりします。「横浜家系ラーメン 一刀家」では、スープも残さずに飲み干すと、次回以降にライス・麺増し・のり増し・味玉のいずれかのサービスが受けられる「完杯券」をくれるとのことだったので、たっぷりの豚骨風味を味わいに行ってきました。

東京赤坂・茅場町 横浜家系ラーメン 一刀家

http://ittouya.jp/

お店へは東京メトロの赤坂見附駅か赤坂駅から歩いて5分ほど。大きな提灯が目印です。



どんなラーメンなのかを図解したものがお店の前に。



今回は「一刀盛り豚骨醤油ラーメン(970円)」と「豚骨醤油ラーメン(700円)」を注文しました。



注文時に麺の硬さ・タレの濃さ・旨み油の量を聞かれます。今回は両方ともすべて「普通」。



席でラーメンの完成を待ちます。



豚骨醤油ラーメンは来店した人の74%が注文するメニューだとのこと。圧倒的なシェアですね……。



席にはニンニク・刻みしょうが・辛子味噌・黒コショウ・酢が用意されているので、注文時の麺の硬さ・タレの濃さ・旨み油の量の調整と合わせることで、たとえ初めて食べたときに「ちょっと好みとズレがある」と思っても、自分好みの味を見つけていくことができるわけです。



注文から数分でラーメンが到着。



この大きな肉の塊が載っているものが「一刀盛り豚骨醤油ラーメン」。ノーマルに比べて豚増し+味玉+海苔2枚+ねぎだくという違いがありますが……



「豚増し」というレベルではないグレードアップっぷりです。



厚切りな上に巨大。



味玉は1個丸ごとドーン。



スープのしっかり絡んだ中太麺を持ち上げてズルズル……。



ムチムチとした肉っ気を感じるようなこってりとしたスープなのですが、ストレート麺とともにスルスルっと胃の中に滑り込んできて、重たさを感じさせません。



味玉は黄身の中央がトロッととろけて、クリーミーなスープと交わります。



そして、どっしりとした豚の存在感。単品の「豚皿」(400円)がおつまみになるのも道理の食べ応え。思わずビールを追加注文してしまっても何らおかしくありません。



一刀盛りに比べるとかなりライトな盛りつけに見える「豚骨醤油ラーメン」。



そもそも「豚増し」の豚のレベルが高すぎるのであって、このチャーシューも一般的なチャーシューと比較すればしっかりした味のものです。



こちらは辛子味噌で味変えをしてみることに。



味変えをすると飽きが来ずに食べられますが、一方で元の味が損なわれることがあるのも事実。しかし、一刀家のラーメンはベースがかなりしっかりしているので、辛子味噌を入れて色が変わっても、元の味を残したまま味がプラスアルファされている感じ。好みの味を探る楽しみがあります。



てっきり、量が多かったりスープが濃厚で飲みきれなかったりするから「完杯券」が作られているのかと思いきや、あの濃厚なスープもするするっと胃に収まり、丼の底から「完杯」の文字が登場。



完杯券をゲット。



これで味玉・のり増し・麺増し・ライスのいずれかのサービスを受けられるようになりました。ちなみに、有効期限までは1枚で何回でも何名でもサービスを受けられるという、持っていて損はないカードです。



家系ラーメンはライスとの組み合わせが「最強」なので、完杯券を手に入れて、ラーメンを食べるたびにライスをもらうというのもアリ。



一刀家は赤坂のほか、茅場町、秋葉原にお店があります。赤坂本店・茅場町店は日曜・祝日が休みで、秋葉原店は年中無休。ちょっと小腹がすいた時から、ガッツリと満腹になりたいときまで、どんなときでもカバーしてくれるので重宝します。