大島優子&ナイツが声優にチャレンジ!

写真拡大

女優の大島優子、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之、土屋伸之が『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』(7月4日公開)でアニメ声優に挑戦。5月26日、都内で公開アフレコに臨んだ。

【写真を見る】アンパンマンが見守る中、アフレコに挑んだ大島優子

やなせたかし原作による人気テレビアニメの劇場版27作目となる本作。大島は、ヒロインとなる“精霊のミージャ”の声を担当する。

小さい頃からのアンパンマンのファンだという三人。大島は今回の抜てきに「感動。私の人生で自慢する作品」と瞳を輝かせ、「今日がアフレコだったんですが、今日を迎えることがすごく緊張で。でも入ってみたら、小さな頃から見ていたからかすぐに世界に飛び込めた」とニッコリ。

塙は「(僕たちは)お年寄りの方の人気が多いかなと思っていたので、子ども向けの作品に出れるとは夢にも思わなくて。子どもの人気が上がるんじゃないかな」と喜ぶことしきり。土屋も「信じられない」と同調し、「真っ先に妻に報告しました。M-1の決勝に行ったときと同じくらい、褒められて。『おお、やるじゃないか』とお褒めの言葉をいただきました」とうれしそうに語っていた。

おてんばで元気いっぱいの女の子・ミージャの声を演じた大島。役作りについて聞かれると、「『ミージャはそのまま、大島さんでいいよ』と言っていただいて。なるべく自分に近いテンションやしゃべり方など、ミージャ=大島優子という感じでやらせていただいた」と、ミージャは自身とも似たキャラクターである様子だ。

また、ミージャを見守る精霊の声を演じた塙が「僕は秋元康さんの気持ちでやりました」と話すと、土屋は「ああ、精霊たちのプロデューサーだったんだね」と納得の表情。AKB48に絡めたコメントで大島や会場を笑わせていた。

6月6日には「第7回AKB48選抜総選挙」も開票となるが、記者からは「誰が一位になると思うか?」との質問も。大島は「散々考えてはいるんですが」と口火を切り、「推しメンのクリームパンダちゃんが一位になると思います」と回答。「渾身のかわし方!」と大島の回答に感心しきりの土屋は、「やっぱり、ぱるるでしょう(島崎遥香)」、塙は「宮脇咲良ちゃんかな」と照れながらも本気の予想を明かしていた。【取材・文/成田おり枝】