総選挙についての明言を避けた大島優子

写真拡大

 女優の大島優子が5月26日、都内のスタジオで「AKB48」卒業後初のアニメ声優作「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」の公開アフレコに、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之、土屋伸之とともに臨んだ。

 大島が担当するのは、物語の中心となるキュートで元気いっぱいのランプの世界の精霊ミージャ。今回の抜てきに「とても嬉しかったですし、私の人生で自慢できる作品だなと思いました」とニッコリ。役作りも「(監督から)『ミージャがそのまま大島さんでいいよ』と言われたので、なるべく自分に近いテンションとかしゃべり方で、ミージャ=大島優子という考えでやらせて頂きました」と、自らを投影したキャラクターを目指したと明かした。

 一方、ランプの精霊でミージャの先輩を演じた塙は、「おてんばなミージャはAKB48のような感じじゃないかと。(仲間たちがいる)精霊がAKBみたいなもの。僕は秋元康さんの気持ちでやっていましたから」と、プロデューサー目線で演じていたと告白。大島から「もうやめたんですけどね?」とツッコミを入れられた塙は、「急に『ヤメゴク』の話になっちゃってすみません」と大島の主演ドラマを宣伝し、大島を大爆笑させていた。

 また、お気に入りのキャラクターを「クリームパンダちゃん」と即答した大島は、「けなげで、アンパンマンに憧れている。将来性がある! 第2のアンパンマン」と世代交代を示唆し、会場の笑いを誘っていた。そんな大島に6月6日に発表される「AKB48 41thシングル 選抜総選挙」の結果についての質問が飛ぶと、「散々考えてはいるんですけども、推しメンのクリームパンダちゃんが1位かな?」と笑顔でかわし、明言を避けた。

 「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」は、故やなせたかし氏の人気アニメ劇場版第27弾。腕輪が壊れてしまったことで、クリームパンダ、コキンちゃんとともにランプの世界から抜け出せなくなってしまった精霊ミージャ。3人は腕輪を直すため魔法の泉を目指すが、ケンカを始めてしまう。7月4日から全国で公開。