山手線の架線支柱が倒壊した事故 社長ら計12人を処分

ざっくり言うと

  • 山手線の架線支柱が倒壊したトラブルで、社長ら計12人の処分が発表された
  • 冨田哲郎社長が役員報酬の30%を3カ月間返上するなどの処分に
  • 支柱工事の設計などを担っていた事務所の所長は31日付で解職となる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング