あなたが“日本のここが不自由だ!”と思うところは?

写真拡大

ひねくれ者の筆者は、“日本じゃ女が頑張ったところで認めてもらえないし……”などと、日本に対して漠然とした不満をずっと抱いているのだが、みんなも日本に対して不満を抱くことはないのだろうか。今回は、「教えて!goo」の中からこの質問を選んでみた。

日本って、不自由だなぁ〜と思うこと……

回答を見てみると、この国への不満がいろんな角度から語られている。その中でも多かったのが……。

■日本はとにかく“手続き”が面倒!

「なにかあると、戸籍謄本・戸籍抄本・住民票・印鑑登録証などが必要になることでしょうか。証明書類が多すぎではないでしょうかね。不自由というか面倒すぎるというか……」(yotani0425さん)

「いまだに『ハンコ文化』が存在することですね。何かがあると、必ずハンコを押さないといけません。たとえ三文判でも、『ハンコ=その人の存在』となってしまう不自由さと危うさがありますね」(localtombiさん)

と“手続き”の煩雑さをあげている。その中でも、外国に住んだ経験のある人の意見は深刻で、

「18歳以上は、二重国籍が持てないことです。(中略)…アメリカ国籍をとりました。その途端、日本で生まれて、教育を受け、日本語ぺらぺらの私の日本国籍は、法律的には抹消されたことになります。(中略)…夫婦で“外国人扱い”になります。確か6ヵ月以上居住する場合は、外国人登録が必要で、家を借りるにも審査がきびしくて、“自由業”で日本に住む外人の場合、何から何まで、手続きが面倒です」(Ciaopolpoさん)

「戸籍があって住民票があって印鑑証明がある。当たり前だと思うでしょう? それは皆さんが既に持っているから。そのどれも持っていない私は年に3回帰国していてもレンタルビデオさえ借りられないのです。銀行口座も開設できません。他の国では出来ちゃうことが日本では何重にも厳重に守られている様です」(KoalaGoldさん)

などと、その不自由さはかなりのものがある。こういうところは早急に改善してほしいものだ。では、次に日本の風土・気質について拾ってみよう。

■日本人の“余計なお世話”気質が面倒!

「恋愛不自由の日本。他人に構いすぎるんでしょうね。近所の人が誰とつきあおうが、おカマだろうが、不倫してようが、放っておけばいいのにと思う。噂すること自体品がない」(exhivisionist2さん)

「気に入った服やシャツなども、派手目なものはつい歳を考えて、買い控えてしまう。何を着ようが、自分の好みがそれなりに似合っていればそれでいいじゃん……と思うけれど、この日本では、1年歳取ったら派手はみっともない、とにかく地味にせよ……と言いたげな周りの視線が窮屈だぁ」(Nannetteさん)

関係がないのに何かと口出ししてくる。着るものも生き方も同じじゃないと陰口を叩かれる、これが日本の島国根性なのか……。確かに不自由だ。しかも、行政上の“手続き”と違い、気質の問題なのですぐに改善するのは難しい。この手の不自由さは自分のスタイルを貫くことで乗り越えるしかないだろう。
みなさんの“日本のここが不自由だ!”と思うのはどんなところだろうか?

花守深雪(Hanamori Miyuki)