牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)。2着に終わったリアルスティール(牡3歳)は、勝ったドゥラメンテ(牡3歳)の"異次元の末脚"に屈した。着差は1馬身半だったが、両馬の間には、着差以上の差があるように見えた。まさしく完敗だった。

 一方で、リアルスティールと3着キタサンブラック(牡3歳)との間には、さらに大きな差、2馬身半もの開きがあった。ドゥラメンテには及ばなかったものの、それ以外の馬との比較では、リアルスティールの力は明らかに"抜けていた"のだ。

 ゆえに、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)でも、「皐月賞1、2着馬の争い」と見る向きが強い。そこでポイントになるのは、一敗地にまみれた感のあるリアルスティールが、ダービーでドゥラメンテを逆転できるかどうか、だ。

 皐月賞の、とりわけゴール前のパフォーマンスの差を見る限り、その可能性はとても高いとは言えない。だが、リアルスティールがダービーというレースで得るはずの、いくつかのアドバンテージを見込めば、皐月賞のようなワンサイドゲームにはならないだろう。

 まず、舞台が中山から東京に変わる。

 リアルスティールは、その東京コースを舞台として行なわれた共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)で、ドゥラメンテを負かしている。それも、デビュー戦を勝ったばかりのキャリア1戦の身で、断然人気のドゥラメンテを内から見事に差し切ったのだ。

 リアルスティールの、東京コースの適性は間違いなく高い。つまり、ダービーにおいても、確実にパフォーマンスを上げてこられる、ということだ。

 また、関西の競馬関係者がこんな話をしていた。

「そもそもクラシック開幕前、リアルスティールの主戦ジョッキーである福永祐一騎手には、他にも弥生賞(3月8日/中山・芝2000m)を勝ったサトノクラウン(牡3歳)というお手馬がいた。実力的には甲乙つけ難い2頭でしたが、皐月賞ではサトノクラウンが1番人気だったように、当時の評価は同馬のほうが上だった。にもかかわらず、福永騎手はリアルスティールを選んだ。それは、ダービーを見据えてのことだそうですよ」

 要するに、福永騎手は目先(皐月賞)の勝利よりも、その先の大舞台(ダービー)での勝利を見込んで、リアルスティールを選んだわけだ。

 ドゥラメンテを実際に負かしたコース適性に加えて、主戦騎手があくまでもダービーで勝つことを意識した素材であること。この2点だけでも、ダービーで逆転を目指すリアルスティールの視界に微かに光が見えてくる。

 さらに、こんな情報もある。

 皐月賞後、リアルスティールは短期放牧に出されて5月9日に帰厩した。以来、順調に乗り込みが続けられているが、帰厩後、福永騎手が最初に調教で乗った際、こんな感想を口にしたという。

「馬がずいぶん軽くなっている」

 このことについて、関西の競馬専門紙トラックマンが語る。

「ジョッキーが言う『軽くなった』という意味は、馬の、体の使い方がよくなったということ。そしてその結果、リアルスティールの課題だった、もたもたする面が解消されて、走りにグンッと素軽さが出てきたということです。となると、次は今までよりも一段と切れる脚が使えるはず。ほんのわずかな期間でしたけど、放牧の効果があったようです。ダービーは、この時期によくなる馬でなければ勝てない、と言われていますからね。その点では、この馬も"勝てるゾーン"に入ってきたのかもしれません」

 加えて、このトラックマンによれば、福永騎手がより勝利に近づくための"秘策"を考えているのではないか、と語る。

「皐月賞は、福永騎手自身も認めているように"安全運転"の騎乗でした。何が何でも勝たなければいけない、というレースではありませんでしたから。その分、馬にストレスを残すようなことはしていません。仕掛けのタイミングにしても、可もなく不可もなく、という感じでした。でも、今度は何かをやってくるはず。何よりダービーで勝つことを目指して、ここまでやってきたんですからね。皐月賞のときに残していた"お釣り"を、全部吐き出すような、一か八かの勝負を仕掛けてくるはずです」

 これまでのレースぶりから考えて、道中の位置取りはリアルスティールが前で、ドゥラメンテが後ろ。末脚勝負では明らかにリアルスティールには分が悪いため、共同通信杯のような、ドゥラメンテの仕掛けを待って叩き合うということもしないはずだ。

 すると、どんなことが考えられるのか。前述のトラックマンが続ける。

「思い切った策で考えられるのは、究極の"早仕掛け"。3年前のダービーで、同じ矢作芳人厩舎所属のディープブリランテが勝ったときのような戦法です」

 2012年の日本ダービー。有力馬には、皐月賞馬のゴールドシップ、同2着のワールドエース、青葉賞勝ち馬のフェノーメノなど、末脚自慢がそろっていた。実際にそれらの馬たちは、いずれもラスト33秒台の決め脚を使って追い込んだ。けれども、好位3番手から早めに抜け出して、そのまま逃げ込みをはかったディープブリランテを、最後までとらえることができなかった。

「ジョッキーが『軽くなった』という今のリアルスティールなら、あの競馬の再現も可能でしょう」と、前出のトラックマン。主戦・福永騎手の胸中は読めないものの、ドゥラメンテの驚異的な追い込みを封じるには納得の策である。

 はたしてリアルスティールは、「一強」と言われるドゥラメンテの二冠制覇に待ったをかけることができるのか。悲願の「ダービージョッキー」の称号獲得を目指す、福永騎手の手腕に注目だ。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo