オークスが終わり、今週末はダービー(5月31日/東京・芝2400m)。春競馬はクライマックスを迎える。先日のインタビューで、オークスの注目馬に「ミッキークイーン」を挙げ、見事に的中させたホソジュンこと、元ジョッキーの細江純子さん。ダービー出走馬で、注目しているのは? 思い出のレースや関係者の思いなどと併せて、大いに語ってくれた。

*   *    *
 
 日本ダービーは、本当に特別なレースです。普段競馬を知らない方でも「ダービー」という言葉はみなさんご存知ですから。新聞などの各種メディアでも、芸能人やスポーツ選手が予想されたりして、ダービーウィークというのはメディアも関係者も、ワクワクした気分になります。

 何千頭の同世代の馬の中から一生に一度の頂点が決まるということでも、特別なレースと言えます。世代の頂点を決めるというのは、人間の世界ではないですからね。高校野球でも1年から3年までチャンスがあります。それを考えると、強さだけでなく巡り合わせの運も求められます。すべての要素が揃わないと勝つことはおろか、出走すら叶わないという厳しさもダービーの一面でしょう。

 競走馬ですのでケガはつきものですし、自分は万全なのにゲートで隣の馬が暴れてそれにつられて出遅れてしまうとか、そういった不確定要素もある中で勝ち抜いてきた馬たちが顔を揃えるのです。

 私が騎手のときは、あまりにも遠い存在のレースだったので、恥ずかしながら何も理解していませんでした。ですが、この仕事をするようになって、知れば知るほど奥深いものだと感じます。普段、ほかのGIではそんなことないのに、ダービーだけは、競馬場内の雰囲気がお祭りのよう。あれは本当に不思議ですね。

 私がこれまでダービーを取材していて一番感じられるのが、人や馬の「執念」や「怖さ」です。怖くなるぐらいの気迫だとか、そういうものが伝わってきますし、勝つ人馬こそ、それが本当に強いのです。
 
 そういう意味で真っ先に思い出されるのが、まず2002年のタニノギムレット(父ブライアンズタイム)です。タニノギムレットは皐月賞、NHKマイルカップと続けて1番人気ながら3着に敗れ、ダービーに向けて今度こそ負けられないという状況でした。

 そのダービー直前に、タニノギムレットを管理していた松田国英調教師に馬を見せていただいたのですが、発する「気」が怖くて近づくことができませんでした。私自身、騎手時代から馬には慣れているはずなのに、彼を見たときに「馬ってこんなに怖いの!?」と足がすくんで近づけないほど。自分がタニノギムレットを見ているというよりは、タニノギムレットに見下ろされているような感覚で、殺気立つ怖さがありました。今までの知っている「馬」とは、まったく違う生物のように感じたのです。

 2012年のディープブリランテ(父ディープインパクト)が勝ったときのことも印象に残っています。あのときは、人。岩田康誠騎手は正直、怖すぎました。

 岩田騎手はNHKマイルCで騎乗停止処分を受けてしまい、ヴィクトリアマイル、オークスと騎乗できませんでした。それならと、空いた時間をディープブリランテのダービーのために費やそうと、調教を任せて欲しいと矢作芳人調教師に申し出ました。しかし厩舎の方針もあるわけなので、調教師とぶつかり合うことに。そんな経緯がありつつも信頼を得て、ときには調教助手、ときには厩務員の役割もこなし、馬具に関してもこだわりました。ですので、すべてに自分で責任を持ち、馬も人も真正面からぶつかりあいながら、ディープブリランテを理解したうえでダービーに臨んでいたのです。

 ゴール前最後の最後、外から来たフェノーメノ(父ステイゴールド)に交わされそうでしたが、7cm差で先着。あのわずかな差は岩田騎手の気迫だったと思います。

 本人も言っていましたが、フォームが乱れても関係ないほどガムシャラだったそう。みんなイっちゃってると思うんですよ。馬も人もハイと言うか、ゾーンと言うか、人間も馬も神の領域に近づきそうな感じで......。

 それだけに、勝ったあとに岩田騎手が馬に抱きついたとき、ディープブリランテもじっとしていたんです。素敵だなあと思いましたね。本当に。なんて素敵なんだと。その前の"怖さ"があっただけに、余計にそう感じました。

 ダービーはよく「運がいい馬が勝つ」とは言われますが、運も必要ですけど、決してまぐれで勝っちゃいけないレースだし、まぐれでは勝てないレースだと思います。だからダービージョッキーであったり、ダービートレーナーであったり、ダービー厩務員という他にはない名誉があるんだと思います。

 また、競馬関係者にとっては、ダービーが大晦日みたいなもので、ここで1年の区切りがつく、みたいなところがあります。次の週から新しい1年が始まる。「ダービーが終わるまでは、2歳馬の調教に騎乗しない」と決めている騎手もいるくらいですから。ダービーが終わって、やっとすべてがリセットされるんです。

 さて、今年のダービーに話を変えましょう。今年のレースも語り継がれるような伝説のダービー馬が生まれるかもしれません。その最有力候補だと思うのが、皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)を勝ったドゥラメンテ(父キングカメハメハ・堀宣行厩舎)です。

 皐月賞は抜け出すときに後続に少し迷惑をかける形にこそなりましたが(※)、あの爆発力は申し分ありません。しなやかで柔らかい筋肉の体つきも2400mで素晴らしく活きると思います。
※ミルコ・デムーロ騎手は4角で急に外斜行し、ベルラップ、ダノンプラチナ、タガノエスプレッソの走行を妨害。4月25日から5月3日まで、開催日4日間の騎乗停止処分に

 実はあの馬、皐月賞の前まではあんまり体を上手に使えていなかったと思うんです。それが皐月賞のパドックでは、自分で前足をガンと上げて、ちゃんと屈伸ができているような仕草を見せました。今までと違う!と思い、みんなに「ドゥラメンテがいい!」と薦めまくりました。
 
 あれだけ見事に折り合いをつけてしまうミルコ・デムーロ騎手の手腕も素晴らしかった。エイシンフラッシュ(2012年天皇賞・秋をデムーロ騎手とのコンビで制覇)もそうですけど、デムーロ騎手はああいう(気性の激しい)馬と合うと思うんですよ。やっぱり、馬体の稼動域を小さくさせずに、ちゃんと我慢を効かせて最後に爆発させる技術を持っているのかもしれませんね。

 もう1頭候補を挙げるなら、ここでもう1回サトノクラウン(父Marju・堀宣行厩舎)を見直したいです。皐月賞(1番人気6着)はゲートのタイミングが、すべてだったと思います。ダービーでは堀宣行厩舎ワンツーフィニッシュの可能性も高いですね。

 これからの1週間、とにかくダービーに出走する馬について、たくさんの情報が出てくると思います。普段それほど競馬に熱心でない方でも、その情報の中で、名前でも、写真でもきっかけはなんでもいいので、1頭好きな馬を見つけてみてください。どういう性格なのだろうとか、どういう人たちに育てられているのかとか、どういうジョッキーとコミュニケーションを取っているのかとか、こういう馬だったんだとか、いろいろな情報に触れられるはずです。

 そうして迎えるダービーデー、その1頭を応援するだけで、間違いなく楽しいと思います。日曜日はぜひ東京競馬場へ。一緒にダービーを楽しみましょう!

【プロフィール】
※細江純子
元JRAジョッキー。現在はJRAのイベントで司会を務めたり、『みんなのKEIBA』『BSイレブン競馬中継』など、テレビ番組に出演するなど、競馬評論家として幅広く活躍中

スポルティーバ編集部●構成 text by Sportiva