“イルカで遊んだ男女”大炎上「SNSは馬鹿の宝庫だな」「非常識だ」。

写真拡大

浜辺で、イルカと一緒にポーズを取って記念写真をパチパチ――。そんな男女の写真が騒動を引き起こしている。浅瀬でまたがる女性、釣り上げたかのように尾を持って掲げる男性の写真は、ペルーのリマで撮影されFacebook上に掲載された。

英紙デイリー・メールやミラーなどによると、「リマ・イルカ事件」名付けられたこの写真、すぐさま削除されたものの保存され、米ソーシャルメディア・imgurなどで拡散。写った人物を探し出し、罪に問おうという運動が現在行われているそうだ。

英国の動物愛護団体PETAの広報担当者は「こういった無神経ではっきり愚かな人間は特定され動物虐待で訴えられる必要があると考えます」とコメント。こうした遊びの目的で扱うことに対して強い懸念を評している。

ネットでも大きな反響を得ており、「非常識すぎる」「常識があるなら、浅瀬に迷い込んできたイルカを再び沖へと誘導するものだ」「SNSは馬鹿の宝庫だな」「人間はどこまで残酷になれるのか」と怒りの声が続々。

一方で「釣りが許されるのにこれがどこまで問題になるのか」「もう1年ほど前の写真を持ち出して、人間狩りをするのはどうなんだ」と反論の声も寄せられており、喧々囂々の様相を呈しているようだ。