シンデレラ

写真拡大

4月25日(土)に全国公開されたディズニー映画『シンデレラ』。ゴールデンウィーク明けに興行収入30億円を達成したニュースをお伝えしたばかりだが、はやくも5月24日(日)までの累計興行収入が45億3719万円5500円、累計動員数は約356万9826人を記録した。また全世界興行収入は約633億8308万1433円(5月25日現在 BOXOFFICE MOJO調べ ※1ドル=121.6円換算)となっており、依然として高い口コミが続いており、まだまだ記録を伸ばしそうだ。

【関連記事】メリル・ストリープ&リラ・クロフォード来日! 映画『イントゥ・ザ・ウッズ』来日会見

主演のシンデレラには、『ダウントン・アビー』のローズ役で一躍人気を得たリリー・ジェームズ、そして王子役は『ゲーム・オブ・スローンズ』のロブ・スターク役で世界中にその存在を知らしめたリチャード・マッデンが演じている。まだ『シンデレラ』を観ていないという方は、この機会にぜひ劇場に足を運んで二人が織りなすラブストーリーを堪能してほしい。

本作はシンデレラが不遇の生活から最高の幸せをつかんでいく姿を煌びやかに、感動的に綴った作品。シンデレラと亡き両親の物語や、王子と王の親子愛など、これまで描かれなかったエピソードも繊細に描写され、誰もが知るシンデレラの物語を最上の美しい人間ドラマに昇華させており、映画に涙を流す観客が続出している。心洗われる物語に、リピーターが続出しており、字幕版と吹き替え版を両方鑑賞するファンもいて、中には毎週映画館に通い、すでに6回以上観た人もいるという。

また、デートムービーとしても好評となっており、劇場には多数のカップルの姿が見られ、週末には、彼女からの「シンデレラを観たい」という声に答えて劇場に来ているというツイートも多数アップされている。「彼女と観にきて本当によかった」「とても幸せな気持ちになれた」など、感動して涙する男性の姿も見られている。さらに、多くのカップルがデート後の食事もシンデレラの話で盛り上がっており、本作はデートを成功させる要素として大いに貢献しているようだ。

映画『シンデレラ』は現在全国の劇場で大ヒット上映中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ダウントン・アビー』リリー・ジェームズ主演の映画『シンデレラ』、興収30億突破海ドラ俳優集結! 実写版『シンデレラ』に『ボルジア家』ホリデイ・グレインジャー出演"シンデレラ"リリー・ジェームズのドレス姿にうっとり!実写版『シンデレラ』ジャパンプレミア