新宿に3メートルの巨大シュワが登場!

写真拡大

5月25日、新宿ステーションスクエアで「ターミネーターの日」記念イベントが開催され、女優・歌手の西内まりやとシドニー五輪柔道銀メダリストでタレントの篠原信一が出席。二人の「アイルビーバック!」の掛け声とともに、約3メートルもの“巨大シュワ型ターミネーター”がお披露目された。

【写真を見る】ヘソ出し&ライダースのジャケットでクールに登場した西内まりやと、シュワルツェネッガーになりきって現れた篠原信一

「ターミネーターの日」は、シリーズ第1作目である『ターミネーター』が、ちょうど30年前となる1985年5月25日に日本公開されたことを記念して、日本記念日協会により正式に認定されたもの。

西内は、本シリーズのヒロイン、サラ・コナーをイメージしたクールなライダースの衣装で登場。篠原は、顔に傷のメイクを施し、シュワルツェネッガーが演じたT-800型ターミネーターになりきって現れた。

かけられていた布がはがされ、“巨大シュワ”がお目見えすると、シュワルツェネッガーの大ファンだという西内は「大きい!シュワちゃん、かっこいい!」と大興奮。分厚い胸筋が特徴の“巨大シュワ”だが、西内は「触っちゃっていいんですか?」と恐縮しながら、篠原とともに胸筋にタッチ。

すると、“巨大シュワ”の胸筋が動き、西内は「キャー!」と驚きの表情。「動いた!本当の筋肉を触っている感じ」、篠原からは「私も筋肉には自信があったけれど、これにはかないません」とその迫力に完敗宣言が飛び出した。

また西内は、「守ってくれるターミネータに惚れ惚れしていて。小学生の頃から、憧れの人はシュワちゃんと言っていた」とシュワルツェネッガー愛を熱弁。篠原は「怖いけど、優しいところ。すごく共感できる。私もこう見えて、本当はすごく優しいですから」と自画自賛しながら、共感ポイントを明かして会場の笑いを誘っていた。

7月11日(土)からは、最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開となるが、篠原は「ターミネーターになってシュワちゃんと戦いたい」と続編への参加を希望。「西内さんの日本版サラと日本版ターミネーターでシュワちゃんと戦うことになるかも」と野望を語りながらも、司会から「勝てそうですか?」と聞かれると、「やられるでしょう!」と即答していた。“巨大シュワ型ターミネーター”は5月30日まで展示予定。二人が興奮した胸筋にも触れられるという。【取材・文/成田おり枝】