ジュード・ロウ Photo by Jeffrey Mayer/WireImage/Getty Images

写真拡大

 ジュード・ロウが、バチカンを舞台にした新ドラマ「The Young Pope」にレギュラー出演することになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 同作は、「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のパオロ・ソレンティーノ監督が手がける注目のドラマで、米HBOと英スカイ、仏カナル・プリュスが共同で製作。史上初のアメリカ人ローマ教皇を主人公にした物語で、全8話の演出をソレンティーノ監督が手がけることになる。

 脚本はトニー・グリゾーニ、ウンベルト・コンタレッロ、ステファノ・ルッリがソレンティーノと共同執筆。撮影は伊ローマ郊外にある撮影所チネチッタで行われるが、英語劇として製作されるという。